札幌市携帯サイト


更新日:2014年10月1日


●相談結果

【今すぐに受診 / 小児科】

1時間以内に病院へ行かれた方がよいかと思います。
お示しした診療科を参考にしてください。
ご存知の病院がなければ病院情報サイトでご確認ください。

【医療機関を探す(北海道 救急医療情報システム)】

【1歳未満や周囲で感染症が流行している場合など直前の質問に該当する場合は】
緊急性が高くなる可能性がありますので、救急安心センターさっぽろへご相談ください。
看護師が24時間365日救急の医療相談に対応します。
電話番号:#7119(ダイヤル回線・IP電話からは011-272-7119へ)

【お電話でお伝えいただくとスムーズです。】
■対象となる方の年齢 ■小児 喘息・喘息様症状 ■喘息発作を起こすと、一気に悪くなりやすい。

【次の症状が現れた時は救急車を呼んでください。】
■非常に苦しい(苦しそう)。〔または〕横になっていられず、座ろうとする。 ■喘息の治療を受けていて、医師の指示通り薬剤を使っていても(吸入、服薬など)よくならない。 ■顔色や唇の色が紫色である。 ■水分が口からとれない。〔または〕嘔吐がある。 ■何か変なものを吸い込んだ。〔または〕その可能性がある。 ■何か食べて〔または〕口にくわえて遊んでいた。(とくにピーナッツなどの豆類) ■盛り上がった発疹があり〔かつ〕かゆがっている。

【迷った場合、救急安心センターさっぽろへご相談ください。】
緊急性が高くなる可能性がありますので、救急安心センターさっぽろへご相談ください。
看護師が24時間365日救急の医療相談に対応します。
電話番号:#7119(ダイヤル回線・IP電話からは011-272-7119へ)


緊急度自己判定(セルフトリアージ)のトップへ

札幌市携帯サイトホーム


市政総合案内
[札幌市コールセンター]
市の手続きの簡単なお問い合わせや施設、公共機関などのご案内
年中無休、8時00分〜21時00分。
電話:011-222-4894
Eメール:info4894@city.sapporo.jp


Copyright © City of Sapporo All rights Reserved.