• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちづくり > 藻岩まちづくりセンター > 川沿在住の吉田さんがユニークな視点から「郷土史」の話をしました

ここから本文です。

更新日:2012年7月23日

川沿在住の吉田さんがユニークな視点から「郷土史」の話をしました

講演の様子

語源から「蝦夷地」命名の謎を読み解いていく講演の様子

7月22日(日曜日)、午後2時から、丘珠空港ビルで「地域歴史講座」が開催され、郷土史の研究に熱心に取り組んでいる川沿在住の吉田邦行さんが講師を務めました。

この「地域歴史講座」は、札幌市内各地の歴史をその地域に住んでいる人に語ってもらい、身近な郷土に興味を持ってもらうことを目的に丘珠空港ビル(株)が開催しているもので、平成23年度の第1回開催から今回で5回目となります。

講師の吉田さんは「地名・語源から読み解く<郷土史>と<古代史>の謎」というテーマで、従来の定説とは異なるユニークな視点から話をされ、熱心にメモを取る人もいるなど、多くの参加者を魅了していました。

話の内容は、八垂別の地名の由来、藻岩山と円山の地名の変遷、なぜ蝦夷と呼ばれたのか、道産子第一号は誰かといった<郷土史>に関するものから、遺伝子の分類から見た日本人、縄文人の自然観と理念、邪馬台国と女王・卑弥呼に関する<古代史>の話題にまで及び、はるか悠久の歴史の謎を解き明かしていく吉田さんのユニークな話に大きな拍手が贈られていました。

熱気あふれる会場の様子

熱気あふれる会場の様子

講演の資料

講演の資料

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部藻岩まちづくりセンター

〒005-0808 札幌市南区川沿8条2丁目4-15(もいわ地区センター内)

電話番号:011-571-6121

ファクス番号:011-573-0125