• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちづくり > 藻岩まちづくりセンター > 東海大学の学生が勉強の助っ人に・・・もいわ地区センターで夏休み「寺子屋」が始まる

ここから本文です。

更新日:2011年8月8日

東海大学の学生が勉強の助っ人に・・・もいわ地区センターで夏休み「寺子屋」が始まる

寺子屋の様子

皆さんは、夏休みの宿題や勉強で苦しんだ経験はありませんか?夏休みの終わりが近づいてあわてて宿題を片付けた思い出はありませんか?そんな悩みを解決してくれる力強い助っ人が登場しました。

もいわ地区センター(川沿8条2丁目)では、8月2日(火曜日)から8月7日(日曜日)まで、東海大学生物理工学部と国際文化学部の学生が助っ人になって、子どもたちの勉強のお手伝いをする夏休み特別企画「寺子屋」を開いています。

この「寺子屋」は、もいわ児童会館や藻岩小学校、藻岩中学校、東海大学などの協力を得て実施しているもので、連日、元気な小中学生が総勢40名近く集まって熱心に勉強に取り組んでいます。「先生役」の学生は毎回3名が「助っ人役」として登場し、分からないところを懇切丁寧に教えながら勉強の悩みを一挙に解決しています。

「地域の大学生が勉強のお手伝いをすることで、少しでも勉強が好きになってもらえれば」と館長の伊藤さんの話。藻岩まちづくりセンターの所長は「私の小学生時代に、このような『寺子屋』があれば宿題で苦しむことはなかった」と、しきりにうらやましがっていました。

勉強をつうじた大学生と小中学生との地域交流の取り組みは、「助っ人役」の学生にとっても貴重な経験となるはずです。このような素晴らしい企画を実現してくれた「もいわ地区センター」の皆さんに拍手をおくりたいと思います。

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部藻岩まちづくりセンター

〒005-0808 札幌市南区川沿8条2丁目4-15(もいわ地区センター内)

電話番号:011-571-6121

ファクス番号:011-573-0125