• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 「エドウィン・ダン記念館」消防訓練

ここから本文です。

更新日:2020年6月17日

「エドウィン・ダン記念館」消防訓練

訓練の様子3

令和2年(2020年)1月24日(金曜日)

 

~ いざという時のために ~ 

   

  1月24日(金曜日)14時から、国の登録有形文化財であるエドウィン・ダン記念館(札幌市南区真駒内泉町1丁目)で消防訓練が行われました。
 これは、文化財を火災や震災などの災害から守ることや文化財愛護の意識を高めることを目的に消防庁・文化庁が定めた「文化財防火デー(1月26日)」の取り組みの一環として実施されたもの。
 エドウィン・ダン記念館は、明治13年(1880年)にエドウィン・ダンによって北海道開拓使の「牧牛場の事務所」として建てられ、平成12年(2000年)に国の登録有形文化財に登録されました。現在では畜産技術を指導したダンの業績をしのぶ記念館として公開され、館内にはダンが来日するときから晩年までが描かれた油絵のほか、種畜場の模型やダンにゆかりのある遺品などが展示されています。
 この日は、南消防署員、南消防団真駒内分団員、札幌南郵便局職員、地域住民や南区土木センター職員ら18人が参加しました。訓練はエドウィン・ダン記念館内部からの出火を想定。同館の案内員が「皆さん火事です!」と大声で火災発生を知らせ、駆け付けた郵便局職員・地域住民と協力して避難誘導を行い、初期消火活動を行いました。その後、通報を受けた消防隊員が現場に到着し、案内員から状況説明を受けたところで訓練は終了。
 訓練後に行われた意見交換会では、訓練中に気付いた点や夜間に火災が起きた場合の対応などについて、活発な意見交換が行われました。
 訓練に参加した同館案内員の園家廣子さんは、「記念館ではこれまで大規模な消防訓練が行われたことがなかったので、いざという時のために有意義な訓練ができました」と話していました。

 

 

 

訓練の様子1

訓練の様子2

意見交換会

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144