• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > まちの話題 > 令和元年度南区防災訓練

ここから本文です。

更新日:2020年6月17日

令和元年度南区防災訓練

煙道通過

令和元年(2019年)9月12日(木曜日)

 

~ 胆振東部地震の経験を踏まえて ~ 

 

 9月12日(木曜日)9時30分から、藤野南小学校(札幌市南区藤野4条6丁目。渡部靖校長)で、「令和元年度南区防災訓練」が実施され、藤野地区町内会連合会の地域住民や藤野南小学校の児童、藤ヶ丘保育園の園児、南消防署員、防災関係機関の職員など約750人が参加しました。
 この訓練は、平成30年北海道胆振東部地震を踏まえ、災害時における「自助・共助」の一層の充実を図るとともに、地域における防災能力の向上や支え合い意識の向上などを目的に南区役所が実施したもの。
 今回は、石狩中部を震源とした最大震度7の地震により、南区全域で火災や土砂崩れが発生し、多数の負傷者が出ていることを想定。
 災害現場を再現した訓練会場では、煙道テントを通過する「避難訓練」、消火器を使用する「消火訓練」、負傷者に対して心肺蘇生や三角巾を使用して応急処置をする「応急救護訓練」など、参加者は真剣な表情でさまざまな訓練に臨んでいました。また、燃料電池自動車、警察車両などの展示や給水車から水を受け取る給水体験も行われ、参加者は熱心に見学、参加していました。
 訓練に参加した地域住民は、「胆振東部地震から1年が経過して防災意識が薄れていたことに気付きました。今日の訓練で学んだことを忘れないようにしたいです」と話していました。

給水体験

心肺蘇生

消火訓練

このページについてのお問い合わせ

札幌市南区市民部総務企画課

〒005-8612 札幌市南区真駒内幸町2丁目2-1

電話番号:011-582-4714

ファクス番号:011-582-0144