• ホーム
  • 折々の手続き
  • お知らせ
  • 生活情報
  • まちづくり
  • 区役所窓口案内
  • 施設案内

ホーム > 健康・衛生 > 食育の取組 > 血圧安心いい塩梅

ここから本文です。

更新日:2015年12月10日

血圧安心いい塩梅

この教室は、「『高血圧を放っておかない!』~今日から取り組む高血圧予防教室~」の一環として開催しました。
脳血管疾患、心疾患、糖尿病など要介護状態となる原因疾患の起因となる「高血圧」の予防と重症化を防ぐため、食生活における塩分の適切な摂取と減塩の工夫を理解することにより、日常生活での実践につなげていくことが目的です。

平成27年11月26日(木曜日)に開催し、23名の南区民の方が参加しました。
はじめに南保健センター管理栄養士が高血圧を予防する食事について、減塩の必要性や目標とする塩分量、食品に含まれる塩分量と減塩の工夫点についての講話を行いました。
その後、参加者が日頃、食べている味噌汁の塩分濃度を知ってもらうため、持参していただいた味噌汁の塩分を測定し、結果と簡易塩分チェックシートをお渡ししました。
最後に、南区食生活改善推進員の協力を得て、「減塩料理」の試食を提供しました。試食の献立は、主食、主菜、副菜、汁物を揃えた1食分で塩分量2.5gとし、薄味でもおいしく食べられるように、酸味、香味、うまみによる減塩の工夫を活用した料理を味わってもらいました。

管理栄養士による減塩に関する講義血圧安心いい塩梅

「調味料等の塩分量」のフードモデル血圧安心いい塩梅

参加者からは、「参加してよかった」「今まで減塩して料理を作っていたつもりでしたが、塩分が多いと実感した」「減塩には注意したい」「薄味は難しいと思うが、健康のために慣らしていきたい」などの感想がありました。


このページについてのお問い合わせ

札幌市南区保健福祉部健康・子ども課

〒005-0014 札幌市南区真駒内幸町1丁目3-2

電話番号:011-581-5211

ファクス番号:011-582-4564