ここから本文です。

更新日:2011年3月30日

東光小学校の取組

○学年・教科等

1学年・国語「本となかよし」

1学習の概要

中央図書館において、開放図書館のボランティアの協力を得ながら、読書に親しむ活動により、違う角度から開放図書館を見つめ、ボランティアの方との親近感を深め、読書意欲の更なる向上となることをねらいとして以下の内容で実施した。

・中央図書館利用のきまりや本の借り方・返し方について司書の方から説明を聞く。

・4人1グループとなり、ボランティアの方とともに「子どもの森」を回り、本の並び方を知り、一人一冊読みたい本を自分で借りる。

・ボランティアの方による大型絵本の読み聞かせを聞く。

2授業の成果

中央図書館には、開放図書館に比べ本の種類・数が多いこと、読んだことのない面白い本が多く置いてあることを知ることができた。学校に戻ってきてから、開放図書館に行き、朝読書で読むための本を自分で探す子や読みたい本がどこに置いてあるのかボランティアに聞きながら探す子が増えた。

借りてきた本を家に持ち帰り保護者と一緒に読むよう家族読書を呼びかけたこところ、保護者の意識が変わり始め、地域の図書館に行き、親子で図書カードを作り、本を借りる姿が見られるようになった。

大型絵本の読み聞かせを夢中になって楽しんでいた。学校で行っている読み聞かせや冬のお話会にも進んで参加する子が増えた。

3今後の課題

読みたい本を選ぶ時間をとして30分を予定していたが、トイレや童話の部屋、カウンターの場所を教えるのに時間がかかり、実際は20分程度しか取れなかった。そのため、開放図書館に置いてある本やいつも読んでいる好きなシリーズの本を借りる子が見られた。「新しい本」と出会えるよう、十分な時間を確保し、開放図書館には置いていない本、お勧めの本を紹介するべきだった。

東光小1-1

東光小1-2

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育課程担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3891

ファクス番号:011-211-3862