ここから本文です。

更新日:2011年3月30日

石山南小学校の取組(2・6学年)

○学年・教科等

2学年・生活「どきどき・わくわく・まちたんけん」

1学習の概要

図書館の施設探検を通じて自分たちの生活とのかかわりや施設のよさに気付くことができる。

・公共のルールやマナーについて6年生から教わり、数多くある本の中から自分の読みたい本を選び読書した。また、同行していただいた本校図書館のボランティアの皆さんに読み聞かせもしていただいた。

・図書館で働く方々に、仕事の内容ややりがいなどを質問した。

・グループごとにザリガニ展や埋蔵文化センターを見学した。

2授業の成果

・図書館利用の仕方や公共のルールマナーについて理解することができた。

・本との関わりを大切にする子が増えた。

・図書館で働く人の仕事や仕事の喜びなどについて知ることができた。

・北海道に生息するザリガニの現状について知ることができた。

・校区内に遺跡があることや昔の人の生活について知ることができた。

3今後の課題

・バスを配車していただいたので、図書館への校外学習にも積極的に取り組むことができた。

石山南小2-2

○学年・教科等

6学年・総合的な学習

1学習の概要

「中央図書館を活用した調べ学習生物多様性をニホンザリガニから考える」

「新しい図書館スペースを作るために本を借りよう図書館改造計画」

・「2年生に図書館の歩き方を教えよう」

2授業の成果

海道環境財団とボランティア「地球環境守り隊」との共同で「生物の多様性とニホンザリガニ」というこれまで追っていたテーマをより深く探求する取組として存分に図書館の機能を引き出し、活用することができた。また図書館の人だけでなく、本校図書ボランティア、本校開放図書館司書の参加も得て図書館の利用指導ができたことも大きな成果であった。「コンピュータより本や新聞の方が調べたいことが書いてある」という感想を多くの子が述べていた。

また、2年生と6年生の共同した生活科と総合的な学習の相互乗り入れの授業構築も、図書館という場でどのような異学年交流ができるのかを試すことができ、それぞれの力になったと言える。6年生は地域連携事業での新図書館スペース分に向けて、「図書館改造計画」の国語の授業と重ねて、読み聞かせ用の図書の選本も行うことができ、その後の活動にたいへん意欲的になった。

3今後の課題

今後も、公共図書館を身近な「私の図書館」として定着させるように取組を進めていきたい。

石山南小6-2

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育課程担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3891

ファクス番号:011-211-3862