ここから本文です。

更新日:2017年7月10日

さっぽろ学校給食フードリサイクル(23年度)

「さっぽろ学校給食フードリサイクル」について

札幌市では従来からゴミの分別、資源化の促進に取組んでいますが、その一環として学校給食を作る過程で発生する調理くずや残食などの生ごみを堆肥化し、その堆肥を利用して作物を栽培し、その作物を学校給食の食材に用いて子どもたちが食するという食物の循環「さっぽろ学校給食フードリサイクル」に平成18年度から取組んでいます。
単に学校給食の調理くずや残食のリサイクルだけではなく、食や環境を考え、ものを大切にする子どもを育てることを目指しています。
学校給食フードリサイクル教育プログラムイメージ図(PDF141KB)
「さっぽろ学校給食フードリサイクル」リーフレット(PDF615KB)

●生ごみ回収校

生ごみ回収校の年次推移

平成18年度

平成19年度

平成20年度

平成21年度

平成22年度

平成23年度

128校

182校

229校

275校

275校

300校

●フードリサイクル堆肥を利用した作物(札幌産)

フードリサイクル堆肥を利用した作物の年次推移

平成18年度

平成19年度

平成20年度

平成21年度

平成22年度

平成23年度

小松菜

春菊

いんげん

とうもろこし

レタス

とうもろこし

レタス

玉ねぎ

とうもろこし

レタス

玉ねぎ

とうもろこし

かぼちゃ

レタス

玉ねぎ

とうもろこし

かぼちゃ

レタス

玉ねぎ

とうもろこし

かぼちゃ

平成18年度は重点校(モデル校)2校の学校給食に供給しました。
平成19年度は、レタスを小・中学校、特別支援学校、定時制高校の学校給食に供給しました。とうもろこしは、重点校5校に供給しました。
平成20年度は、レタス・玉ねぎを全ての小・中学校、特別支援学校、定時制高校の学校給食に、とうもろこしを重点校7校に供給しました。
平成21年度は、レタス・玉ねぎを全ての小・中学校、特別支援学校の学校給食に、とうもろこしは調理校125校に供給しました。
平成22年度は、レタス・玉ねぎを全ての小・中学校、特別支援学校の学校給食に、とうもろこしは調理校90校に供給しました。

平成23年度は、22年度に引き続きレタス・玉ねぎを全ての小・中学校、特別支援学校の学校給食に、とうもろこしを小・中学校、特別支援学校のうち調理校124校に提供するほか、「NPO法人さっぽろ農学校倶楽部」が栽培したとうもろこし、かぼちゃを調理校各5校に提供しました。

●作物の様子

レタスの提供が始まりました

7月4日からリサイクル堆肥を使って育てられたレタスが学校給食で提供されます。
7月と9月で、各学校1~2回使用します。
栄養教諭による指導 レタス入り焼き豚チャーハンを食べている子どもたち
(写真左)給食の前に栄養教諭からフードリサイクルについての指導がありました。「リサイクルした方がいいのは、やさいやくだもののかわだね。給食はしっかり食べようね。」
(写真右)「おいしいね!」「シャキシャキしているね!」と子どもたちがおいしそうに食べています。

とうもろこしの提供が終わりました

今年のとうもろこしは、天候にも恵まれ順調に生育し、甘くて実もしっかりしていて大好評でした。
提供終了前の4日間は台風の影響で提供できない学校も出てきてしまい、作物は天候に左右することを改めて実感させられました。
とうもろこしの様子 とうもろこしの生産者

 

●フードリサイクル堆肥活用校を視察しました

フードリサイクル連絡会議の構成員が今後のフードリサイクルを円滑に推進するための参考とするため、毎年堆肥活用校の視察を行っています。丹精こめて育てられた作物を子どもたちと一緒にいただきました。
子どもたちとフードリサイクルのお話や食べ物のお話をしながら、楽しく過ごすことができました。
この日の給食 フードリサイクルで育ったとうもろこし
(写真左)みだくさんスープのレタスととうもろこしがフードリサイクル堆肥で育った作物です。
(写真右)フードリサイクル堆肥で育ったとうもろこしは、実がしっかり入っていて、甘みもあります。
栄養教諭による指導の様子 教材園の様子
(写真左)栄養教諭が子どもたちにフードリサイクルについて説明しています。
(写真右)子どもたちが育てている教材園には、とうもろこしや稲等たくさんの作物がありました。

●生ごみ堆肥化工場 定山渓環生舎を見学しました

フードリサイクル連絡会議の構成員が生ごみを堆肥化する工場の見学をしました。
この工場では、市内の事業所や小中学校から集められた生ごみを堆肥にしています。
生ごみ堆肥化工場 集められた生ごみ
(写真左)生ごみを処理する建物です。
(写真右)収集車によって給食の生ごみ等が集められます。
発酵中の堆肥 温度を保って発酵している様子
堆肥は、60~80度で高温発酵させ、その後約70~180日間発酵させます。
その間にショベル等による適度な切返し作業を行っているそうです。

●NPO法人さっぽろ農学校倶楽部と交流しました

NPO法人さっぽろ農学校倶楽部の方々がフードリサイクル堆肥を使って育てた「とうもろこし」と「かぼちゃ」を学校給食に使用している学校があります。
これらの学校では、子どもたちとの交流も行っています。
とうもろこしの収穫の仕方 とうもろこしの皮むきの様子
(写真左)子どもたちがとうもろこしの生育の様子やおいしい食べ方を学んでいます。
(写真右)皮むき体験では…「芯を折るのがむずかしい。」「慣れるとかんたんだね!」
かぼちゃの指導の様子 かぼちゃのツルの長さ
(写真左)かぼちゃにはたくさんの仲間があること等を実物を使って説明していただきました。
(写真右)説明を聞いた子どもからは・・・「1本のツルから2個のかぼちゃしかできないなんてびっくりしました。」「実際にかぼちゃを触ってみて、大きさや手触りなどとても勉強になりました。」

●さっぽろ学校給食フードリサイクル重点校・実践校・堆肥活用校

平成18年度

平成19年度

平成20年度

平成21年度※1

平成22年度※1

平成23年度※2

2校

5校

7校

64校

74校

95校

※1:平成21年度からは重点校を改めて実践校としました。
※2:平成23年度からは実践校を改めて堆肥活用校としました。

さっぽろ学校給食フードリサイクル堆肥活用校
リサイクル堆肥を活用して、「さっぽろ学校給食フードリサイクル」を教科及び総合的な学習の時間等や給食時間の指導と関連させ、食育・環境教育の充実を図ることを目的としています。

フードリサイクル堆肥活用校での取組例
◆教科や総合的な学習の時間や給食時間などを活用して、フードリサイクルの目的・意味・仕組み等を理解させる。
◆リサイクル堆肥の意義を理解させる。リサイクル堆肥を製造し過程を理解する。
◆教材園等においてリサイクル堆肥を活用し、作物の栽培を行う。
◆栽培した作物をフードリサイクル堆肥と関連付けながら、教科や総合的な学習の時間、学校給食などを活用して食する。
◆食や環境を教科及び総合的な学習の時間等と関連させる。

平成23年度フードリサイクル堆肥活用校の実践例はこちら⇒フードリサイクル堆肥活用校取組

●連絡会議

本事業を円滑に進めるため、関係団体、環境局・経済局・教育委員会等による連絡会議を年に2回程度開催し、連携を図っています。
今年度の第1回の会議は、5月24日に開催し、平成22年度の事業報告・平成23年度の事業内容について説明しました。
第2回の会議は、1月25日に開催し、平成23年度の事業報告、平成24年度の事業の方向性について説明しました。
連絡会議の様子

●啓発活動

ホームページでの情報提供(提供作物の状況、学校での実践事例等)を随時行う予定です。

 

<過去の取組>

◆平成18年度
◆平成19年度
◆平成20年度
◆平成21年度
◆平成22年度

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会生涯学習部保健給食課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目15 STV北2条ビル5階