ここから本文です。

更新日:2013年3月13日

陵陽中学校の取組(平成24年度)

研究内容

アイヌ民族の方を学校に招いて行うアイヌ文化体験学習

学習を通して育てたい力

過去の歴史を振り返り、差別や貧困の実態を知ることで、よりよい人間関係を築くことができるよう生徒の心の育成を図る。そのためにアイヌ民族の方々のお話を聞き、アイヌ文化に触れることで様々な人たちと平等に接することができるような生徒の心を育てる。

実践の内容

「アイヌ民族の方を学校に招いて行うアイヌ文化体験学習」について

ねらい

・北海道の地理や歴史の中で、アイヌ民族に関する言語、地名、人権などを学び、共に生きていくことの大切さを理解し、思いやりの心を育てる。

・アイヌ民族の伝統的な器楽演奏や民族舞踊の体験を通じて豊かな心を育む。

学習内容

・事前にアイヌ文化に関するDVDを視聴し、予備知識を学ぶ。

・アイヌ民族の方からの講話や器楽演奏、舞踊を見学・体験する。

陵陽中1陵陽中2

成果

・「アイヌアートプロジェクト」の皆さんが積極的に生徒に関わっていただいたことで、普段の授業では経験できない貴重な体験をすることができた。

・地理や歴史、さらには公民の枠組みにとらわれることなく、身近な地域の出来事としてアイヌ文化を体験することができた。

・3年生で実施する人権に関する教育の事前学習を行うことができた。

課題

・事前の学習を含め、年間計画の中で明確に位置付けていくことが必要である。

・体験学習の参加について消極的な生徒もいたので、より積極的に学ぶ姿勢を育てることが必要である。

 

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育課程担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3891

ファクス番号:011-211-3862