ここから本文です。

更新日:2013年3月13日

西岡北小学校の取組(平成24年度)

研究内容

札幌大学ウレシパクラブの皆さんを学校に招いて行うアイヌ文化についての体験学習。

学習を通して育てたい力

アイヌ文化について正しい知識を得て理解を深めるとともに、アイヌの社会や文化を尊重する態度を養う。

実践の内容

「札幌大学ウレシパクラブとの交流」

ねらい

アイヌ文化について学習することを通して、アイヌ民族の社会や文化を理解し、尊重する態度を養う。

学習内容

<アイヌ文化の紹介>

ウレシパクラブの皆さんが、活動内容の紹介とアイヌ文化について日常の活動を通して調べたことを、実物や映像を見せながら4年生の子どもたちにも分かりやすく説明してくれた。ウレシパクラブの皆さんは、それぞれ文様の違うアツシを身に付けたり、この日のために髭を蓄えてきたりしてくれた。この日までにアイヌの文化について学習してきた子どもたちは、興味・関心をもつことができた。

西岡北小1

 

<三択クイズ>

アイヌの人々の暮らし、地名、言葉など、現在の生活と深い関わりのあることについてのクイズをした。三択形式であり、子どもも大人も興味をもてる内容であったため、アイヌ文化を楽しみながら学ぶことができた。

西岡北小2

 

<アイヌ語のカルタ>

学生がアイヌの人々の生活や言葉のカルタを自作で用意してくれた。昨年度の実践をもとに改良を加え、分かりやすく親しみやすい内容であった。事前にルールの説明や言葉の意味の確認をしっかりとしてくださったため、子どもたちは夢中になって取り組むことができた。

西岡北小3

 

<アイヌの踊り>

剣を使った舞や手遊び歌を披露していただいた。写真等を見て知ってはいたが、間近で実際に目にすることができ、その迫力と楽しさを存分に味わうことができた。その後、子どもたちにもできそうな踊りを教えてもらい、一緒になって声を出したり体を動かしたりしながら楽しく踊った。

西岡北小4西岡北小5

 

成果

・ウレシパクラブには、意欲のあるアイヌの学生やアイヌの社会や文化に関心をもって活動している学生が多く、今回の交流においても大変熱心に準備をしていただき、子どもたちへの関わりも温かかった。

・子どもたちが社会科の学習で学んだことを実際に見せていただいたり、分からなかったことを具体物を通して教えていただいたりした。また、昨年度の実践を生かし、見直しをかけていただいたので、より理解を深めることができた。また、アイヌの文化を尊重する態度の育成に有効である。

課題

・本校と札幌大学は、校地が隣接しているという条件がある。年に一度だけの点での取組にならないように工夫していく必要がある。交流の回数等についても検討し、互いの活動計画・教育課程に位置付けて交流していきたい。

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育課程担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3891

ファクス番号:011-211-3862