ここから本文です。

更新日:2013年3月13日

西野第二小学校の取組(平成24年度)

研究内容

アイヌ民族の方を学校に招いて行うアイヌ文化体験学習。

学習を通して育てたい力

アイヌ文化に触れる体験的な活動を通して、一人一人が互いにかけがいのない人間として尊重し合い、偏見や差別をなくし支え合い励まし合う温かい人間関係の中で、心豊かにたくましく生きる態度を育てる。

実践の内容

「アイヌ民族の方を学校に招いて行うアイヌ文化体験学習」を土曜授業公開日で実践する。

ねらい

・体験的な活動を通して、アイヌ文化により強く関心をもつとともに、共感的・実感的な理解を深める。

・異なる文化を受け入れ、理解し、共に生きていくことや人権を尊重する態度を育てる。

学習内容

・アイヌ民族の歴史や文化の紹介

・歌やムックリの演奏、踊りの披露と体験

西野第二小

成果

・土曜授業公開の際に体験学習を行ったことで、子どもと共に保護者も興味・関心をもって、アイヌ文化に触れることができた。

・アイヌ民族の服装やムックリの演奏、踊りの体験を通して、異なる文化の存在を理解し、人権を尊重していくことの大切さを学ぶことができた。

課題

・授業公開日ということもあり、時間や活動するための広い教室等の確保がうまくいかなかった。

・子どもたちは主に社会科の副読本を通して、アイヌ民族について学んできたが、総合的な学習の時間や道徳などと関連付けながら人権について学ぶ機会があれば、より効果的な学習につながっていくものと思われる。

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育課程担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3891

ファクス番号:011-211-3862