ここから本文です。

更新日:2013年3月13日

中島中学校の取組(平成24年度)

研究内容

国際理解や共生をテーマとした講演会を実施したり、多様な社会奉仕体験活動を推進したりすることで人権尊重の精神の涵養を図る

学習を通して育てたい力

豊かな人間関係を築こうとする自主的・実践的態度

・他者の立場に立ち気持ちや考えが分かるような想像力

・伝え合い分かり合うためのコミュニケーションの能力

実践の内容1

「ユニセフ・キャラバン出前授業(社会科2学年)」、「アルメニア共和国の子どもたちとの合唱、文化交流会」について

ねらい

異文化の人々に差別や偏見をもたずに公正、公平に接することの重要性を知る。

学習内容

・発展途上国の子どもたちの現状やユニセフの活動をビデオやユニセフ職員の説明で理解する。

・他国の子どもたちと本校合唱部との合唱交流会(本校生徒、保護者、地域の人々を招待)の開催、折り紙やお茶会の文化交流活動を通して国際理解を図る。

中島中1

実践の内容2

「『力強く生きる子どもたち』~カンボジアや気仙沼市で保健ボランティア活動をする医師による講演(全校道徳)」について

ねらい

・自己の人生を切り拓いていくことや人間を尊重する精神、生命に対する畏敬の念の大切さを理解する。

学習内容

・識字率や平均寿命などカンボジアと日本の違いや医療活動ボランティアについて理解し、講演者の職業選択や理想の実現に向け周囲の人との関わりが大切であるとの主張に触れ、自らの生き方を考える。

中島中2

 

実践の内容3

「中島公園における彫塑及び鴨々川の清掃ボランティア活動」について

ねらい

地域にある中島公園で清掃ボランティア活動を実施することで社会性や仲間と協力してより良い生活を築こうとする実践的態度を育む。

学習内容

・事前に中島公園管理事務所の方から中島公園の生い立ちについて、札幌彫刻美術館友の会の方から中島公園の彫刻についての講演を聞く。

・1、3年生と保護者による川清掃、彫刻友の会と1年生による彫刻清掃活動を実施する。

中島中3中島中4

実践の内容4

「非行化防止教室の開催(1年特別活動)」について

ねらい

インターネットや携帯電話等によるトラブル回避に向け情報モラルについて理解する。

学習内容

・北海道警察生活安全課職員による講演を実施。携帯電話やインターネットによる被害状況や掲示板等への誹謗中傷の書き込みが人権侵害に当たり非違行為であること、被害にあった際の対処の仕方について理解する。

成果

生徒が講演や活動を通して自他がかけがえのない存在であること、支え合う人間関係を築くことが自分の人生にとって大切であることを理解できた。

課題

道徳の時間の充実や対人関係調整力の育成に向けたプログラムの開発・実践など、人権感覚の醸成に向けた日常的な指導の充実を図ること。

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育課程担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3891

ファクス番号:011-211-3862