ここから本文です。

更新日:2013年3月13日

みどり小学校の取組(平成24年度)

研究内容

「サッポロピリカコタンの活用」

~サッポロピリカコタンを訪問して行うアイヌ文化についての学習~

学習を通して育てたい力

アイヌ文化について正しい知識を得て、理解を深めるとともに、アイヌの方々の社会や文化を尊重する態度を養う。

実践内容

「サッポロピリカコタン訪問」について

ねらい

アイヌ文化に実際に触れ、体験することを通して、アイヌ民族の社会や文化を理解し、尊重する態度を育てる。

学習内容

歌舞・楽器演奏

アイヌ古式舞踊団「アンコラチメノコウタラ」の皆さんによる歌舞・楽器の演奏を鑑賞した。その後、古式舞踊を教えてもらい、舞踊団のみなさんと子どもたちが一緒になって、声を出したり、体を動かしたりしながら楽しく踊ることができた。アイヌ文化独特の楽器の音色、舞踊団のみなさんの民族衣装、アイヌ語の歌詞など、子どもたちが興味を引くものが多かった。

みどり小1

アイヌの子どもたちの遊び

館内では、長縄とびをアイヌ語の数字の数え方で、回数を数えながらみんなで跳ぶことができた。館外では芝生のところでカリプを体験するなど、アイヌの子どもの昔の遊び等を体験することができた。どちらも舞踊団の方がついて、説明してくださるので分かりやすかった。

みどり小2

 

館内外施設の見学

館外では、歴史の里でチセやプを、自然の里でイユタプを見ることができた。館内では、民族衣装や農耕器具、楽器等を実際に触れながら、たくさん見ることができた。見学のときも舞踊団の方がついて説明してくださるので、分かりやすく、子どもたちの質問にもすぐに答えていただくことができた。

みどり小3

成果

・事前に社会科の学習でアイヌの方々の歴史や文化について学んではいたが、実際に目にし、耳で聞き、触ったり、体験したりすることができたので、アイヌ文化についての理解を深め、尊重する態度を育成することに大変有効であった。

・舞踊団の方々が子どもたちにも分かりやすいように、説明してくださったり、子どもたちの質問にすぐ答えてくださったりと、温かく接してくださったので、子どもたちがアイヌ文化により親しみを感じることができた。

・帰校後、調べたこと、学んだこと、体験したことをもとに、子どもたちそれぞれが「アイヌ文化ポスター」を作り、発表会を行った。本やネットで調べたことだけではなく、自分たちが実際に体験し、触れたことについてかくことができたので、より熱心にポスター作りに取り組むことができた。

課題

・今回、午前中の二時間という短い訪問時間しか設定していなかったので、慌ただしく見学体験ということになってしまった。舞踊団の方々が舞踊体験だけではなく、見学・遊びにも付き添っていただくことができるという、アイヌ民族の方から直接学ぶことができる貴重な時間だったので、昼食を持参して、もっとじっくりとアイヌ文化に浸る時間を設けるべきであった。

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育課程担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3891

ファクス番号:011-211-3862