ここから本文です。

更新日:2013年3月13日

 

清田緑小学校の取組(平成24年度)

研究内容

札幌市アイヌ文化交流センター「サッポロピリカコタン」において、アイヌ文化・歴史やアイヌ民族の人権などをアイヌの方から直接学ぶ学習。

学習を通して育てたい力

アイヌの文化に直接触れ、アイヌ民族の歴史や人権について理解することにより、互いにかけがえのない人間としての尊厳を認め合い、一人一人が自他の生命を尊びあらゆる偏見や差別をなくし、心豊かにたくましく生きる力。

実践の内容

「札幌市アイヌ文化交流センター『サッポロピリカコタン』の活用」について

ねらい

アイヌの方から直接話を聞いて歌や踊り、遊びを体験したり、施設や展示物などを見学したりすることで、アイヌ文化についての理解を深める。

学習内容

1.アイヌの方から、言葉や服装等について話を聞く。

2.歌と楽器の演奏を聴く。

3.踊りを紹介してもらい、自分たちも一緒に踊ってみる。

4.アイヌの子どもたちの遊びを体験する。

5.チセを見学する。

6.展示室を見学して、各自調べ学習をする。

7.体験したり調べてきたりしたことをもとにして、レポートにまとめる。

清田緑小1清田緑小2

成果

子どもたちの学習にとって本物と触れ合うことのできる機会は何よりも貴重である。きれいに整えられた「サッポロピリカコタン」の施設、展示物、そして直接関わっていただいたアイヌ民族の方々は、子どもたちに程よい緊張感の中、本物の歴史と文化を伝えてくれた。中でも歌や楽器の演奏、踊りを実際に体験できたことは、教室での学習では得られないことなので、子どもたちの心に深く残ったものと思われる。また、遊びの体験を通して、自分たちの遊びとの共通点を見出だし、親しみを感じることができた。屋外では家や舟などの実物の見学ができ、大きさや使い方などを実感することができた。

課題

児童数が多いため、前半はホールでの説明と踊りの体験、後半は分かれての遊び体験と施設見学という流れで実施したが、少し窮屈さを感じた。少人数での活動や一人一人の体験が保障されるプログラム等を充実させていくことが望まれる。

清田緑小3清田緑小4

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育課程担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3891

ファクス番号:011-211-3862