ここから本文です。

更新日:2013年3月13日

北陽小学校の取組(平成24年度)

研究内容

アイヌ民族の古式舞踏団「アンコラチメノコウタラ」を学校に招いて行う体験的な学習。

北陽小学校1北陽小学校2

 

学習を通して育てたい力

・アイヌの人々についてその固有の文化や伝統に対する正しい認識と理解を深める。

・札幌市教育課程編成の手引に沿って、社会科及び総合的な学習の時間を通して、基本的な人権の尊重の観点に立った教育の推進を図る。

実践の内容1

6年生総合的な学習の時間(5時間扱い)

ねらい

・修学旅行で見学する白老ポロトコタンについて4年生での既習をもとに、各自が自己の課題に沿ってアイヌの方々の文化・歴史・生活や工夫について調べ、理解する。

・アイヌ民族の方々との直接的な出会いを通し、人間として共に生きることの大切さに気付く。

学習内容

1.アンコラチメノコウタラ(ありのままのわたしたちをみて)の言葉通り、出前授業で楽器や踊りを通してアイヌの方々の文化を知る

2.授業から気付いたことや疑問に思ったことを各自が本などを活用して調べる。

3.修学旅行で訪れた白老のアイヌの方々との交流を通し、過去の歴史とともに固有の文化を大切にする民族の尊厳に気付く。

北陽1

実践の内容2

4年生社会科昔から今へと続くまちづくり(13時間扱い)

ねらい

・アイヌの人たちの生活や文化に関心をもち意欲的に調べようとする。

・アイヌの人たちの衣食住や遊びについて、調べたことから自然を生かす知恵について考える。

学習内容

1.アンコラチメノコウタラ(ありのままのわたしたちをみて)の言葉通り、出前授業で楽器や踊りを通してアイヌの方々の文化を知る。

2.北海道の地名やアイヌの人たちの衣食住について調べる。

3.サッポロピリカコタンの見学を通して、調べたことを具体的に確かめるとともに,アイヌの人たちの説明から自然と調和し自然を大切にした生活であったことに気付く。

 

成果

6年生の感想から

・普段聞けない話や見ることのできない楽器や衣装を見ることができ体験になった。

・アイヌ民族の方から、歴史のことを聞けただけではなく、踊ったり、楽器を実際に弾くことができて良かった。

・踊りは、はじめは抵抗があったが、アイヌの人と踊って文化のことがいっぱい分かった。

・アイヌの人の話を聞いたり、その場所へ行かなければできないことを体験することができたのはうれしかった。

4年生のまとめの新聞から

・自然や神様をとても大切にしていたということが分かりました。

・今までアイヌ語に詳しくなかったが、アイヌ語やアイヌの人たちの事に興味をもちました。

・ピリカコタンに行き、とても勉強になった。他の施設等にも行ってみたい。

 

北陽5北陽6北陽7

 

課題

・アイヌ民族の歴史、文化、生活といった内容が中心になり、より人権教育に焦点化するには、他の指導と併せて取り組む方が効果的であると感じた。

・「異を知り、同を知って共に生きることの大切さを知る」の言葉通り、理解することがまず相手を尊重する第一歩であると考え、系統的に人権教育を継続する必要性がある。

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育課程担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3891

ファクス番号:011-211-3862