ホーム > 教育・文化・スポーツ > 学校・幼稚園・教育 > 教育者向け資料 > 人権教育推進事業 > 西岡北小学校の取組(23年度人権教育研究推進校)

ここから本文です。

更新日:2012年4月2日

西岡北小学校の取組(23年度人権教育研究推進校)

研究内容

札幌大学ウレシパクラブのみなさんを学校に招いて行うアイヌ文化についての学習

学習活動を通して育てたい力

アイヌ文化について正しい知識を得て理解を深めるとともに、北海道の先住民族であるアイヌの社会や文化を尊重する態度を養う。

実践の内容

【実践1】「札幌大学ウレシパクラブとの交流」について

ねらい

アイヌ文化について学習することを通して、アイヌ民族の社会や文化を理解し、尊重する態度を養う。

学習内容

アイヌ文化の紹介

アイヌ文化の紹介ウレシパクラブの活動と卒業制作の紹介を通して、アイヌの文化に触れることができた。ウレシパクラブのみなさんは、それぞれ文様の違うアツシを身に付けてその作り方を説明してくれた。
卒業制作のござは、紙製だが、畳大の大きな物で細かいところまで丁寧に作られていて、子どもたちも驚いていた。

質問コーナー

質問コーナー子どもたちの質問を事前にまとめて渡した。正しい回答をするために熱心に調べていただいた。実物や写真を見せながら答えていただいたので、子どもたちにとって分かりやすかった。全てに答える時間はなかったので、後日、回答をまとめていただくこととした。

アイヌ語のカルタ

アイヌ語のカルタ学生がアイヌの生活と言葉で自作のカルタを用意してくれた。事前にカルタに出てくる言葉を一覧にして渡していただいていたので、子どもたちは熱心に覚え、夢中になって取り組み、楽しみながら学ぶことができた。

アイヌの踊り

アイヌの踊り最後にウレシパクラブのみなさんにイヨマンテ・リムセ(くまおくり)などの踊りを披露していただき、その後、学生さんと子どもたちが一緒になって声を出したり体を動かしたりしながら楽しく踊った。

成果と課題

成果

  • ウレシパクラブには、意欲あるアイヌの学生やアイヌの社会や文化に関心をもつ学生が多く、今回の交流においても大変熱心に準備をしていただき、子どもたちへの関わりも温かかった。
  • 子どもたちが授業では分からなかったこと、調べても知ることができなかったことを画像や実物を見せながら具体的に教えていただいたので、アイヌの文化について理解を深め、尊重する態度の育成に有効であった。

課題

  • 今回のような学習は大変有意義なものであり、互いにより交流を深めたいと考えているが、授業時数等の問題があり、多くの時間を費やすのは難しい。子どもたちの質問を送って答えていただくことを日常でも可能にしたり、ウレシパ・フェスタ(フェスティバル&学習成果発表会)の開催を知らせたりすることで、点での取組に終わらないような工夫をしていきたい。

このページについてのお問い合わせ

札幌市教育委員会学校教育部教育課程担当課

〒060-0002 札幌市中央区北2条西2丁目 STV北2条ビル3階

電話番号:011-211-3891

ファクス番号:011-211-3862