ここから本文です。

更新日:2017年5月26日

子ども未来局のシックハウス対策

シックハウスとは

シックハウス症候群とは、住宅の建材や家具などから室内に発生するホルムアルデヒドなどの揮発性化学物質やダニアレルゲン等を原因として、体調不良や健康障害を引き起こすこととされています(まだ、統一的な定義はされていません。)。

また、その症状は、頭痛・のどや目の痛み・鼻炎・嘔吐・呼吸器障害・めまい・皮膚炎などで、発症のメカニズムや治療法については、解明されていない部分が多くあります。

札幌市では、「札幌市公共建築物シックハウス対策指針」により、市民が利用する公共建築物について、揮発性有機化合物等の濃度測定を行い、適切な対応をすることと定めています。

子ども未来局においても「子ども未来局公共建築物シックハウス対策取扱要領」を定め、児童会館・公立保育園・児童相談所などにおける室内空気測定の実施や、基準濃度を超えた場合には当該部屋の使用停止などの措置を取ることとしています。

さらに、札幌市内の子どもが利用する施設において、「子どもの安全・安心」を第一に考え、施設職員等が日常的にシックハウス対策を意識し行動することを推進するための、「札幌市シックハウス対策子どもガイドライン」を策定しましたのでご活用ください。

札幌市シックハウス対策子どもガイドライン(PDF:303KB)

札幌市シックハウス対策子どもガイドラインパンフレット(PDF:2,634KB)

札幌市保健所(シックハウス症候群)のページへ
札幌市都市局(シックハウス対策、工事の安全管理)のページへ

▲ページトップへ▲

室内濃度調査計画と調査結果報告

室内濃度調査

測定器を使用して、各施設の主な部屋で、ホルムアルデヒドの濃度測定を行います。測定結果が、厚生労働省の定める室内濃度の指針値を超えた場合は、部屋の使用停止などの措置をとることとなります。

参考:ホルムアルデヒドの指針値は100μg/立方メートル(0.08ppm)

その他の指針値(札幌市保健所のページ)

室内濃度調査計画

児童会館や市立保育園など、子ども未来局の所管する施設を対象として、室内濃度調査を進めていきます。

測定結果については、随時、公表します。

室内濃度調査結果報告

◆平成28年度

平成28年11月~平成29年3月(PDF:63KB)

◆平成27年度

平成27年5月~平成28年3月(PDF:127KB)

◆平成26年度

平成26年4月~9月(PDF:44KB)平成26年10月~平成26年12月(PDF:49KB)

平成27年1月~3月(PDF:205KB)

◆平成25年度

平成25年4月~9月(PDF:104KB)平成25年10月~平成26年3月(PDF:158KB)

◆平成24年度

平成24年4月~9月(PDF:83KB)平成24年10月~平成25年3月(PDF:130KB)

◆平成23年度

平成23年4月~8月(PDF:76KB)平成23年9月~10月(PDF:71KB)

平成23年11月~平成24年3月(PDF:84KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、Adobe Readerダウンロードページから無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市子ども未来局子ども育成部子ども企画課

〒060-0051 札幌市中央区南1条東1丁目5 大通バスセンタービル1号館3階

電話番号:011-211-2982

ファクス番号:011-211-2943