ここから本文です。

更新日:2018年9月13日

新札幌市史第5巻通史5上

第5巻通史5(上)

この巻は、昭和20年の終戦から高度成長期の昭和47年頃に至る期間を叙述する。

●例言
本巻は『通史四』に引き続き昭和二十年の敗戦から四十七年の政令都市指定以前までの期間を扱った。札幌市は第二次世界大戦後、様々な状況の中で二十五年白石村、三十年琴似町、篠路村、札幌村、三十六年豊平町、四十二年手稲町と合併して市域を拡大し、さらに人口が急増して四十五年には人口百万人国内有数の大都市に変身した。
●序章 占領期から百万都市へ 1.占領期の遺産2.札幌圏一極集中の開始
●第一章 戦後札幌の市政と行政  
  第一節占領下の市政と行政 1.占領軍の進駐と軍政2.敗戦直後の札幌市政3.地方制度改革と市政の民主化4.公区廃止と出張所の設置5.札幌市警察の設置と廃止
  第二節札幌市の拡大と市政 1.高田市政の継続と都市建設2.札幌市域の拡大
  第三節高度経済成長と札幌市政 1.原田市政の誕生と新たな都市建設計画2.新産業都市指定と市政の対立3.都市建設の進展と原田市政の位置
  第四節国際交流と札幌オリンピック大会 1.国際交流の開始と広がり2.姉妹都市提携3.第五回冬季オリンピックの開催決定と返上4.第10回大会の招致5.第11回大会の招致と開催決定
●第二章 札幌市の財政政策  
  第一節戦後復興-安定期の財政政策 1.歳入出の概観2.戦後復興期の予算編成3.シャウプ勧告と新規事業五年計画4.市財政の安定と都市計画
  第二節高度経済成長期の財政政策 1.歳入出の概観2.都市計画事業と市財政3.オリンピックから福祉政策へ
●第三章 札幌市の発展と街づくり  
  第一節札幌の街づくり計画 1.『新規事業五年計画』による街づくり2.『主要事業10年計画』による街づくり3.様々な街づくり協議会などの活動4.『道央新産業都市における札幌市建設六年計画』による街づくり5.オリンピックと『札幌建設五年計画』の策定
  第二節街づくり事業の展開 1.継続されていた都市計画事業2.疎開跡地の整理と市内道路の整備3.市街地の拡大と整備4.都市機能の整備5.上水道網の拡張6.下水道網の整備と下水処理7.その他の都市施設
  第三節交通の再編と通信 1.市内の交通網の拡充と再編2.鉄道と航空3.郵便局と電話の増設
●第四章 戦後改革と経済  
  第一節戦後改革から戦後復興へ-工業を中心に- 1.工業の復興2.財閥解体と軽工業の復興3.重化学工業の復興
  第二節戦後金融改革と札幌の金融 1.金融の再建整備と発展2.朝鮮戦争と金融整備
  第三節商業の再生 1.生活物資の流通統制2.流通統制の解除3.商業の回復と発展
  第四節農地改革 1.緊急開拓2.農地改革
  第五節農業 1.変動する農業情勢2.戦後復興期の農業
  第六節札幌財界の成立 1.戦前の札幌商工会議所と北海道商工経済会の解体2.経済団体の再出発と諸団体の創設3.札幌商工会議所の商工政策と組織の安定
●第五章 高度成長期の産業発展  
  第一節工業化の進展 1.札幌市工業の課題2.食料品工業の設備拡充3.工場立地と工業団地の形成
  第二節土木・建設業 1.土木・建設業界2.百万都市への胎動
  第三節高度成長と金融システムの変容 1.高度成長と金融構造変化2.ドルショックと金融システムの変容
  第四節流通革命のはじまり 1.中央卸売市場の開場と物価問題2.流通機構の変化
  第五節観光産業と飲食業の伸展 1.観光産業の整備拡充2.飲食業の伸展
  第六節札幌の鉱業 1.手稲鉱山の再開と閉山2.豊羽鉱山の再開と発展3.その他の鉱山
  第七節エネルギー産業 1.電気事業2.ガス事業
  第八節農業 1.高度成長期の農業(農業振興策)2.高度成長期の農業(農業構造と農業生産)
●第六章 戦後の市民生活と社会運動の展開  
  第一節市民生活の混乱 1.戦争の傷跡2.市民生活の混乱
  第二節戦後の社会問題 1.荒廃する社会秩序2.進駐軍と市民生活3.ヤミ市と河原居住者問題
  第三節戦後労働組合の結成と運動の台頭 1.民主化指令と労働組合の結成2.労働争議の発生と運動の展開3.占領政策の転換と組織の再編成
  第四節女性の解放と社会進出 1.女性議員の誕生と公職への進出2.民主的女性団体の形成と活動
  第五節女性の人権確立に向けて 1.占領下の光と影2.売春防止法の制定
  第六節占領期の衛生と医療 1.占領軍と札幌の衛生2.公衆衛生行政のスタート3.医療機関・団体の再編成
●第七章 高度成長期の市民生活と社会運動の展開  
  第一節講和条約発効から高度成長期の社会問題 1.多様化する社会問題2.平和と社会運動(1)3.平和と社会運動(2)
  第二節労働運動の高揚と組織の拡大 1.企業整理と合理化の進行2.高度経済成長下の労働運動3.民間中小組合の増加と組織問題
  第三節変容する衛生と健康 1.公衆衛生と健康2.国民健康保険事業3.清掃事業の推進
  第四節社会福祉 1.戦後社会福祉行政の出発2.低所得者福祉3.児童福祉・母子福祉・青少年対策4.心身障害者福祉5.民間社会福祉事業6.高齢化社会と高齢者福祉施設
  第五節高度経済成長期の市民生活 1.変わる市民生活・衣食住2.女性団体の発展と変貌3.札幌市民としてのアイヌ民族4.成長のはざまで-都市公害
●第八章 教育の民主化  
  第一節敗戦と占領教育政策 1.敗戦と当時の教育状況2.占領教育政策の展開
  第二節新学制の発足 1.小学校・中学校の設置2.高等学校・大学の設置3.教育委員会と教員
  第三節戦後教育の岐路と地域の教育問題 1.教育政策の「転換」2.地域住民の学校教育への意識3.進学熱の高まりと高校増設運動
  第四節戦後社会教育の展開 1.社会教育行政の新展開2.社会教育施設の展開・拡充3.民間の社会教育活動
  第五節市民スポーツの成立 1.スポーツの復興と社会体育の再出発2.市民スポーツ組織の再編とスポーツ施設の建設3.市民スポーツの促進4.スポーツの大衆化をめぐって
●第九節 市民の文化と活動  
  第一節文学 1.散文、総合誌、職場文芸2.短歌3.俳句4.詩5.川柳6.児童文学
  第二節音楽 1.新たな息吹2.拡充と専門化
  第三節美術 1.美術団体の諸相2.美術館誕生
  第四節演劇 1.五條彰にみる終戦と戦後2.戦後演劇の諸相
  第五節出版・マスコミ 1.出版社の興隆と衰退2.新聞3.テレビジョン放送の開始4.映画
  第六節文化行政・団体と文化財 1.文化行政・文化団体2.文化財の指定と保護
●第十章 戦後の宗教  
  第一章国家神道の解体と神社 1.国家の神社から宗教法人への転換2.「国民大衆の神社」への模索3.講和条約発効後の神社神道
  第二章戦後の寺院と仏教 1.寺院の増加2.仏教界と仏教団体の活動3.寺院の動向
  第三節キリスト教の復興と戦後の宣教 1.戦後の復興と再編2.キリスト教活動の拡張3.変容する社会の中で
  第四節戦後の新宗教 1.宗教の自由化と新宗教2.教派神道系の変化
  第五節近代の民間信仰 1.馬頭観世音碑と馬頭観世音信仰2.地神碑と地神信仰3.山神碑と山神信仰4.庚申信仰と竜神信仰

このページについてのお問い合わせ

札幌市総務局行政部公文書館

〒064-0808 札幌市中央区南8条西2丁目5-2

電話番号:011-521-0205

ファクス番号:011-521-0210