• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田区の出来事を紹介 > 令和元年度下半期 > 令和元年12月11日 大事に育てた米で餅つき!

ここから本文です。

更新日:2021年3月22日

令和元年12月11日 大事に育てた米で餅つき!

清田小学校餅つき会1  

 12月11日(水曜日)10時50分から、清田小学校(清田1条4丁目)で、「ゆめ田んぼ・あしりべつ 餅つき会」が開催され、同校5年生児童が自分たちで育てた米で餅つきを行いました。

 同校では、敷地内の水田「ゆめ田んぼ・あしりべつ」で、5年生児童の総合的な学習の場として、田植え、収穫、そして餅をついて食する体験型の授業を実施しています。同校周辺でかつて稲作が盛んに行われていたことを知ってもらうとともに、米作りの面白さや難しさなどを学ぶことを目的とし、毎年行われ、今回で15回目の開催です。

 この日の餅つき会は、同校PTAや保護者・札幌国際大学の学生ボランティアの協力により実施され、同校PTA会長から、「他の学校では経験することがない貴重な餅つき会です。楽しみましょう。」と話がありました。

 まず、札幌国際大学の学生ボランティアが臼に入った餅米を「きね」で均一に潰し、その後、児童全員が5回ずつ餅をつきました。初めは不慣れな手つきで餅をついていましたが、ボランティアの援助や先生のアドバイスもあり、回数を重ねるごとにうまく餅をついていました。

 つきあがった餅を手で丸め、みたらし、あんこ、きなこの3種類で味付けしました。それぞれの好みで味付けをし、児童らは「お餅美味しい!」と笑顔で餅を食べていました。

清田小学校餅つき会2 清田小学校餅つき会3

清田小学校餅つき会4 清田小学校餅つき会5

清田小学校餅つき会6 清田小学校餅つき会7

このページについてのお問い合わせ

札幌市清田区市民部総務企画課

〒004-8613 札幌市清田区平岡1条1丁目2-1

電話番号:011-889-2018

ファクス番号:011-889-2402