• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田区の出来事を紹介 > 平成31年度・令和元年度上半期 > 令和元年9月29日 第11回里塚・美しが丘地区町連秋まつり

ここから本文です。

更新日:2021年3月23日

令和元年9月29日 第11回里塚・美しが丘地区町連秋まつり

里美秋まつり

 9月29日(日曜日)10時から、里塚・美しが丘地区センターで「第11回里・美町連秋まつり」が開催され、約1,000人の地域住民が祭りを楽しみました。
 この祭りは、地域住民に楽しみながらつながりを深めてもらおうと、里塚・美しが丘地区町内会連合会(会長:平目伸二(ひらめ・しんじ))が平成20年から開催したものです。昨年は北海道胆振東部地震の影響でやむなく中止となり2年ぶりの開催となりました。準備や当日の運営など全てを地域住民らが行い、手作り感のある祭りとなっており、今年は約230人のボランティアスタッフが携わりました。
 祭りは、里塚幼稚園マーチングバンドの元気な演奏で開幕。その後来場者は、野菜販売、ヨーヨーつり、射的などのコーナーや交通安全教育車「ほくと号」による運転シュミレーション体験、清田消防署のはしご車の救出訓練、豊平清掃事務所のスケルトン型ごみ収集車「GO!ミエール号」の展示など、同センターの屋内外に用意されたさまざまなイベントを存分に楽しみました。
 同地区内の児童会館の児童らがスタッフを務める遊びのコーナーでは、こま回しやめんこ遊び、手作りのスマートボールなどのゲームが用意され、たくさんの笑顔があふれました。
 また、祭りの定番、焼きそば、焼き鳥、綿あめなどの屋台のほか、カレーライス、うどん、おでんなどが用意され、昼食時には長い行列ができていました。
 祭りが終盤に近づくと名物イベント「バナナのたたき売り」を実施。売り子が軽妙な口上で「次は子どもたちの番だよ!バナナ10円」と声を張り、張り扇をテーブルにバチンと叩きつけると、子どもたちは揃って「はい!」と即座に手を挙げるなど大盛況。見事に買うことができた女の子は、両手でバナナを抱え満面の笑みを見せました。
 最後にお楽しみ抽選会を行い祭りは終了。友達と祭りに来ていた小学4年生の男児は「いろいろな遊びコーナーでいっぱい遊びました。来年はバナナをゲットしたい!」と笑顔で会場を後にしました。

 

里美秋まつり 里美秋まつり 里美秋まつり
里美秋まつり 里美秋まつり 里美秋まつり
里美秋まつり 里美秋まつり 里美秋まつり