• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田区の出来事を紹介 > 平成31年度・令和元年度上半期 > 令和元年8月17日 夏休み平岡公園にぎわいフェスタ

ここから本文です。

更新日:2021年3月23日

令和元年8月17日 夏休み平岡公園にぎわいフェスタ

 

にぎわいフェスタ写真

 

 8月17日(土曜日)、平岡公園で「夏休み平岡公園にぎわいフェスタ」が開催され、約100人の親子連れらが公園内の探索や動植物の観察を楽しみました。
 これは、子どもたちに生態系保全の大切さを学んでもらおうと、同公園管理事務所、地域団体「平岡どんぐりの森」、江別市の酪農学園大学の学生らで構成された「夏休みにぎわい隊」が毎年行っている催しです。
 前日の台風による影響で開催が心配されていたが、イベント開始時には青空も見え始め、格好のイベント日和となりました。
 イベントは湿地帯の探索からスタート。子どもたちは、時折、頭上を飛行するオニヤンマに「うわ、大きい」「格好いい!」と声を上げ、生き物を探しながら芝生広場まで歩を進めました。
 芝生広場では、実験コーナー、塗り絵コーナー、虫の何でも相談コーナーがあり、子どもも大人も芝生を駆け回って虫捕りに没頭するなど、思い思いに体験コーナーを満喫しました。
 次に、園内の小川に場所を移し、川にすむ生き物探し。タモ網を川底に入れ足で追い込み、引き揚げたタモ網をのぞいて「何か動いてる!」「ニョロニョロしてつかめない」などと言いながら、夢中で生き物を探しました。札幌市豊平川さけ科学館スタッフから捕獲した生き物たちの解説があり、「これはスナヤツメ。目に似たえらが7つあって、目を足してヤツメと言います」との話に、参加者は真剣な表情で耳を傾けていました。
 最後に同公園職員から、「今日は特別に生き物を捕って観察しました。たくさんの生き物がすむ自然をこれからも大切にしてください」と呼び掛けがあり、約3時間でイベントは終了。参加した3年生の男児は、「たくさんの生き物を知ることができて大満足」と満面の笑みを浮かべていました。

にぎわいフェスタ にぎわいフェスタ にぎわいフェスタにぎわいフェスタ にぎわいフェスタ にぎわいフェスタ
にぎわいフェスタ にぎわいフェスタ にぎわいフェスタ