• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田区の出来事を紹介 > 平成31年度・令和元年度上半期 > 令和元年8月8日 清田区中学生サミット2019

ここから本文です。

更新日:2021年3月23日

令和元年8月8日 清田区中学生サミット2019

  中学生サミット

 8月8日(木曜日)10時から、清田区役所で「清田区中学生サミット2019」が開催され、区内の市立中学校7校から生徒会に所属する生徒約50人が参加しました。
 これは、中学生が、自分たちの住む地域が抱えるさまざまな課題に対する改善策を話し合う催しで、今年で4回目。清田区の未来を担う中学生が、まちづくりへの意識を高め、実際の行動へとつなげていく機会にすることを目的に清田区PTA連合会が主催しています。
 今年のテーマは「誰でも自由に利用し、交流できる場づくりを討議しよう!」。
 まず、学校ごとに、実際に取り組んでいる学校内外での交流事業について発表しました。その後、各校入り混じって7つのグループに分かれて話し合いを開始。議題は「A 区民が誰でも利用でき交流できる場を提案しよう」「B 地域の繋がりを生む場づくりを提案しよう」の2つで、どちらについて話し合うかをグループごとに決めることからスタート。議題が決まると、生徒たちからは「公園にボードゲームを置いたら、お年寄りの皆さんとも気軽に交流できるんじゃないかな」「気軽に使えるカフェがあればみんな集まると思う」といった自由な発想の意見が飛び交いました。
 約1時間の話し合いの後、グループごとに提案事項を発表。Aの議題を選んだグループからは「地域の人が集えるお祭りが増えるといいと思う」という提案や「誰でも勉強できる自習室があると学生に喜ばれる」といった学生目線の提案がありました。
 Bの議題を選んだグループからは「高校生が中学生に勉強を教えてくれる催しなどで世代を超えた繋がりがあるといい」「清田区議会を開いて、意見や提案を出し合える場を設けてはどうか」といったユニークな提案も。各グループの発表には大きな拍手が送られました。
 最後に、清田区中学校長会会長の平田純逸(ひらた じゅんいち)真栄中学校長より「次は、7つの学校が合同でできることがないか、清田区ならではの取り組みをぜひ考えてみてください。そしてそれを実行できるよう、行動を起こしてくれることを期待します」と講評があり、サミットは締めくくられました。

 中学生サミット 中学生サミット

中学生サミット 中学生サミット

中学生サミット 中学生サミット

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市清田区市民部総務企画課

〒004-8613 札幌市清田区平岡1条1丁目2-1

電話番号:011-889-2018

ファクス番号:011-889-2402