• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田区の出来事を紹介 > 平成31年度・令和元年度上半期 > 令和元年7月30日 清田区少年消防クラブ協議会 着衣水泳訓練

ここから本文です。

更新日:2021年3月22日

令和元年7月30日 清田区少年消防クラブ協議会 着衣水泳訓練

 着衣水泳訓練

 7月30日午後4時からJSSスイミングスクール清田(平岡7条2丁目)で、清田区少年消防クラブ協議会の着衣水泳訓練が行われました。
 札幌市の少年消防クラブでは清田区のみが実施している訓練で、今年で12回目。区の5つの少年消防クラブから、小・中学生約30人が参加しました。
 参加者は水泳が得意なグループと、苦手なグループに分かれ、まずはそれぞれ水着の状態でプールの中へ。水の中を歩いたり泳いだりして、水着の状態での感覚を確かめました。
 その後、一度プールから上がると服を着て再び水の中へ。水着の時とは違い、濡れた衣服が体に張り付いて動きを制限するとともに、体が浮きにくくなっていることを感じて、「服がべとべとして気持ち悪いし動きづらい」と参加した子どもたちから声が上がっていました。次に、2リットルの空のペットボトルを抱えて水に入り、その浮力を体感。溺れた際は、身近なものが救命具として役に立つということを学びました。
 講師からの「髪の長い子は、水に入るときは髪の毛を縛ること。濡れた髪で視界が遮られることもあります」「もし溺れてしまった時は、しっかり空気を吸って上向きに浮かぶこと。頭を無理に起こさず、体に空気を溜めれば体は浮きます」といった説明に、子どもたちは真剣に耳を傾けていました。
 参加した女子児童は「服を着て泳ぐのは少し怖かったです。今後、川で遊ぶ時には、事故に気を付けたいと思いました」と感想を語りました。

着衣水泳訓練 着衣水泳訓練

着衣水泳訓練 着衣水泳訓練

着衣水泳訓練 着衣水泳訓練

 

このページについてのお問い合わせ

札幌市清田区市民部総務企画課

〒004-8613 札幌市清田区平岡1条1丁目2-1

電話番号:011-889-2018

ファクス番号:011-889-2402