• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田区の出来事を紹介 > 平成31年度・令和元年度上半期 > 令和元年7月2日 清田緑小学校・平岡緑中学校で防犯教室が開催されました

ここから本文です。

更新日:2021年3月22日

令和元年7月2日 清田緑小学校・平岡緑中学校で防犯教室が開催されました

 7月2日(火曜日)清田緑小学校・平岡緑中学校で、生徒を対象とした防犯教室が開催されました。これは清田区地域防犯ネットワーク会議が主催するもので、うさぎママのパトロール教室主宰・安全インストラクターの武田信彦(たけだ のぶひこ)氏を講師に招き、講話と実演により防犯に対する心構えなどを学びました。

 清田緑小学校では3・4年生、計約250人が参加。「よくみる」「よくきく」「つたえる」「にげる」をキーワードに「危険がないか周囲をよく見る」「危ない時には大きな声を出して周りに伝える」といった自分の身を守る方法をわかりやすく生徒たちへ説明しました。その後、大きな声を出す練習や、後ろを振り向いて周囲を確認する動作など、実際に体を動かし、楽しみながら防犯を学ぶ機会となりました。

防犯教室 防犯教室 

防犯教室 防犯教室

防犯教室 防犯教室

 

 平岡緑中学校では全校生徒約400人が参加。講師から、自身の体験などを踏まえ「警察に住所を伝えたいのに住所がわからないときは、電柱や道路標識に付いている番号を伝えることで住所がわかります。身の回りのもので自分をどう守るか想定しておくことが大切」「逃げることは格好悪いことではないです。助けてが言える、そしてそれを受け止められるよう、学校生活の中でも隣の席の人が困っていないかなど気にしてみてください」といった話に、生徒たちは熱心に耳を傾けていました。
 その後、生徒同士で腕を広げて、人と人との距離感を体感したり、首に手を回された時に逃げる方法などを実際に体験。「ストップ・ザ・くるりんぱ」の掛け声とともに、足をクロスして腰をひねることで相手をかわして逃げる方法では、体験した生徒たちからも拍手が上がっていました。
 参加した男子生徒は「普段から安全には気を付けているつもりでしたが、自分の身を守るということについて改めて考えたいと思いました」と感想を話していました。

 

防犯教室 防犯教室

防犯教室 防犯教室

防犯教室 防犯教室

このページについてのお問い合わせ

札幌市清田区市民部総務企画課

〒004-8613 札幌市清田区平岡1条1丁目2-1

電話番号:011-889-2018

ファクス番号:011-889-2402