• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田区の出来事を紹介 > 平成31年度・令和元年度上半期 > 令和元年5月18日 清田区少年消防クラブ協議会合同任命式

ここから本文です。

更新日:2021年3月22日

令和元年5月18日 清田区少年消防クラブ協議会合同任命式

写真1 

 5月18日10時から、清田区役所で「札幌清田区少年消防クラブ協議会 合同任命式」が行われ、区内の小学生12人が新たに入会しました。
 同協議会は、子どもに正しい消防知識を身に付けてもらい、地域防火を推進するとともに、社会の一員として、規律や礼儀を学んでもらうことを目的に、平成9年に結成され今年で22年目を迎えました。
 区内の5地区の少年消防クラブが所属する清田区少年消防クラブは、5月18日現在、小学生から高校生まで76人が在籍しており、防火啓発行事や防災研修・訓練への参加など、地域の子ども防災リーダーとしての活動を行っています。
 式では、同協議会 長屋 俊一(ながや としかず)会長から、「視野を広め新しい仲間との絆を深め、将来は地域の防火・防災のリーダーとして活躍できる大人になってください」とあいさつがあり、その後、新入クラブ員一人一人の名前が呼ばれ、任命証が手渡されました。
 次に、在クラブ員代表 平岡少年消防クラブ 清水 遥可(しみず はるか)さんから歓迎の言葉があり、これを受けて新入クラブ員代表 清田中央少年消防クラブ 岩上 うるみ(いわがみ うるみ)さんが、「消防のことをたくさん勉強し、私たちの住むまちから火事をなくすため頑張ります」と誓いの言葉を述べました。
 その後、清田消防署に移動し、放水体験や水消火器での消火体験などを行い、最後に清田消防署特別救助隊による訓練の様子を見学しました。新入クラブ員は隊員の迫力のある動きに真剣に見入っていました。
 少年消防クラブ員への入会は今後も清田消防署(電話番号:011-883-2100)にて随時受け付けています。

写真2 写真3

写真4 写真5