• ホーム
  • 折々の手続き
  • 行事予定
  • 業務・施設案内

ホーム > 清田の出来事 写真&動画で紹介 > 平成30年度下半期 > 平成30年11月4日 イザ!カエルキャラバン! in 清田

ここから本文です。

更新日:2018年11月9日

平成30年11月4日 イザ!カエルキャラバン! in 清田

181104カエルキャラバン04 181104カエルキャラバン03 181104カエルキャラバン10
181104カエルキャラバン06 181104カエルキャラバン11 181104カエルキャラバン05
181104カエルキャラバン08 181104カエルキャラバン07 181104カエルキャラバン13
181104カエルキャラバン12 181104カエルキャラバン09 181104カエルキャラバン14

 11月4日(日曜日)、清田区体育館・温水プール(平岡1条5丁目)で「イザ!カエルキャラバン!in清田」が開催され、約350人の親子が防災の知識習得に取り組みました。
 「イザ!カエルキャラバン!」は、防災訓練とおもちゃ交換会を組み合わせた、主に小学生を対象にしたプログラムで、全国各地で行われています。参加者は、要らなくなったおもちゃを持参するか、防災訓練を体験することで、「カエルポイント」を獲得できます。そのポイントと引き換えに他のおもちゃがもらえるので、子どもたちは遊びの延長で楽しく防災の知識を身に付けることができます。
 この日は、消火栓の使用や、防風・防寒用のエマージェンシーシートの着用、毛布を使った簡易担架での救助など、用意されたさまざまなコーナーに多くの親子が参加しました。
 「防災かるた」では、「気を付けて 家の周りの危険な場所」など防災に関する標語が読み上げられ、子どもたちが札を取ると、「地震のときは外の塀が崩れることもあるので近付かないようにしましょう」と解説が加えられました。
 子どもたちは防災訓練に熱心に参加し、溜まったポイントで好きなおもちゃを選んでいました。

181104カエルキャラバン01 181104カエルキャラバン02

 またこの日は、「平成30年度清田区防災研修」も同時開催され、町内会の防災担当者など約80人が2人の講師の講演を聞きました。
 1人目は、清田区出身の気象予報士・森山知洋(もりやま ともひろ)氏。緊急度が高い順に避難指示・避難勧告・避難準備であることを説明し、「避難指示が出たときには、避難が完了していることが望ましいのです」など、テレビのニュースなどで使われる用語の意味を分かりやすく解説し、情報収集から正しい行動につなげる判断基準について説明しました。
 2人目は、防災士などの資格を持つ水口綾香(みずぐち あやか)氏で、家庭での防災備蓄の重要性を説明。「水や食べ物はなんとかなりますが、簡易トイレが無くて困るケースが多いです」「準備していた非常食が期限切れだったという場合もあるので、定期的な入れ替えを意識してください」など、体験者の声をもとにした実用的な講話がなされました。

 9月に台風や地震があったこともあり、大人から子どもまで、災害への備えの重要性を改めて認識した一日となりました。