• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(屯田地区) > 児童の願いを乗せて、ハーレー隊出発!~交通安全のメッセージを届けにハーレー隊が函館に出発~

ここから本文です。

更新日:2019年5月20日

児童の願いを乗せて、ハーレー隊出発!~交通安全のメッセージを届けにハーレー隊が函館に出発~

~交通安全のメッセージを届けにハーレー隊が函館に出発~5月15日午前9時20分から、札幌市立屯田小学校(北区屯田7条6丁目、池崎恭俊(いけざききょうとし)校長)で、同校の児童が交通安全の願いを込めて作成したメッセージをハーレー警ら隊が函館市立千代田小学校(函館市梁川町23-4)に届けるための出発式が行われた。

これは、12年前に屯田小学校の児童3人が、トラックにはねられて重軽傷を負うという事故が起きたことをきっかけに、かつて函館でも同様の事故があったことから、米国製バイク「ハーレーダビッドソン」の愛好家で作る防犯パトロール隊「北海道ハーレー警ら隊札幌方面警ら隊(野﨑高廣(のざきたかひろ))隊長」を中心に、交通安全や防犯意識を高めることを目的に行っているもの。毎年、同校と函館市内の小学校の児童がメッセージを交換しており、今回で13回目となる。

この日(15日)は、同校の4年生123人のほか、屯田防犯パトロール隊(通称:とんぼ隊)や北警察署なども参加。児童の代表から「私たちのメッセージを函館の千代田小学校のみなさんに届けてください」とあいさつがあり、4年生がこの日のために作成したメッセージを同警ら隊員へ手渡した。松井敦利(まついあつとし)副隊長からは「地域では多くの方々がみんなのことを見守ってくれていますが、交通事故や犯罪から自分の命は自分で守らなければいけません。自分で気をつけることを約束してくれますか?」と問い掛けがあり、児童たちは大きな声で「はい」と答えていた。~交通安全のメッセージを届けにハーレー隊が函館に出発~

その後、9台のハーレーは沿道に並んだ児童たちに見送られ、約300キロ離れた千代田小学校に向けさっそうと出発した。同警ら隊は16日に千代田小学校を訪問。同校の児童が作成したメッセージと屯田小学校のメッセージを交換し、託されたメッセージは17日に屯田小学校に届けられることになっている。

なお、千代田小学校からのメッセージは5月24日から5月31日まで屯田地区センター(北区屯田5条6丁目)ロビーで、6月3日から7日まで北区役所(北区北24条西6丁目)1階ロビーで展示する予定。

問い合わせ

札幌市立屯田小学校
電話011-771-3151