• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > 地区ニュース > 地区ニュース(拓北・あいの里地区) > 地域の連携により安全な通学を実現~あいの里東小学校前に横断歩道などを設置~

ここから本文です。

更新日:2021年8月26日

地域の連携により安全な通学を実現~あいの里東小学校前に横断歩道などを設置~

~あいの里東小学校前に横断歩道などを設置~

8月25日午前9時30分から、あいの里東小学校(あいの里3条7丁目)前で、同小学校前横断歩道設置記念式典が行われた。

これは、あいの里東小学校前の通学路が、車両の往来の多さやカーブによる見通しの悪さから、道を横断する児童にとって危険な場所であると考えた、あいの里中央町内会(中山宏二(なかやま・こうじ)会長)やあいの里3条7丁目町内会(佐藤清(さとう・きよし)会長)、拓北・あいの里連合町内会(近藤幸一(こんどう・こういち)会長)、あいの里東小学校(椛澤裕子(かばさわ・ゆうこ)校長)などが、平成21年頃から横断歩道などの設置を関係機関に働きかけ、ようやく設置が実現したことを祝したもの。

佐藤会長は「横断歩道の設置によって、子どもたちの安全な通学や、ドライバーへの注意喚起が期待されるので、設置してくれたことに感謝しています。今後も、地域・学校・関係機関が一丸となって地域住民の安全確保、交通事故防止に向け取り組んでいけたらと思います」と話していた。

また、椛澤校長は「設置された横断歩道を利用し、安全に登校する子どもたちの姿を見て非常に嬉しいです」と話していた。

~あいの里東小学校前に横断歩道などを設置~

このページについてのお問い合わせ

拓北・あいの里まちづくりセンター
電話011-778-2355