• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(拓北・あいの里地区) > 地域の方々と一緒に笑顔の交流~第3回あいCircle「パンタベール祭」が行われる

ここから本文です。

更新日:2018年9月11日

地域の方々と一緒に笑顔の交流~第3回あいCircle「パンタベール祭」が行われる

8月29日午前10時から、北海道札幌あいの里高等支援学校(北区あいの里4条7丁目1番1号、佐々木誉之(ささき・たかし)校長)で第3回第3回あいCircle「パンタベール祭」が行われるあいCircle「パンタベール」祭が開催された。

これは、同校の生徒が授業の中で作った物品を販売する地域販売会として、今年は年6回企画されているもので、3回目のこの日(29日)は、同校の教職員と1年の生徒53名、2年の生徒60名が参加し、食品デザイン科のパンやお菓子の販売をメインに実施された。「パンタベール祭(パンを食べる)」をテーマに2年生が中心となり、生徒らは今回から腕章を身に着けて、店員や販売員、講師の補助などの与えられた自身の役割と行動を考え一生懸命に取り組んでいた。パンの販売では事前の整理券30枚の配布に長蛇の列ができ、販売開始時には新製品のフォカッチャや定番商品のハムオニオンパンなどが全て完売と大盛況。

そのほか福祉サービス科のカフェやハンドケア、環境・流通サポート科の校内の敷地で育てたジャガイモの販売、食品デザイン科第3回あいCircle「パンタベール祭」が行われるの縫工製品の販売などが行われ、開始後は順番待ちや買い求める人の行列ができ、多くの地域住民が訪れ賑わいを見せた。

また、普通科ではバルーンアートを行い、動物やハートなどのバルーンを作成し配布。

被服デザイン科の3回目となる藍染め講座では、育てた葉を収穫して「藍の生葉布染め体験」を実施。生徒も講師のお手伝いをしながら訪れた人との交流を楽しんでいた。

教職員の一人は「地域の方々に育てていただいて、一緒にやることで引き出される生徒の笑顔がいいんですよね」と話し、生徒の一人は「地域の方にありがとうと言われて嬉しかったです。緊張しましたが、練習した通りにできました。楽しかったです」と話していた。

 

問い合わせ

北海道札幌あいの里高等支援学校
電話011-770-5511