• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > 地区ニュース > 地区ニュース(太平・百合が原地区) > 地域住民で交通安全を守る~太平百合が原地区で「秋の交通安全市民総ぐるみ運動」街頭啓発を実施~

ここから本文です。

更新日:2021年9月28日

地域住民で交通安全を守る~太平百合が原地区で「秋の交通安全市民総ぐるみ運動」街頭啓発を実施~

~太平百合が原地区で「秋の交通安全市民総ぐるみ運動」街頭啓発を実施~

9月27日午後3時から、太平百合が原交通安全実践会(藤巻一美(ふじまき・かずみ)会長)と太平百合が原交通安全母の会(庵跡邦子(あんせき・くにこ)会長)らが北区太平7条1丁目付近の交差点で交通安全の街頭啓発を行った。これは9月21日から30日まで全国一斉に行われる「秋の交通安全市民総ぐるみ運動」に併せて行ったもので、期間中、区内各所で街頭啓発が行われている。高齢運転者などの安全運転の励行や夕暮れ時と夜間の交通事故防止、飲酒運転などの危険運転の防止を重点的に呼び掛けている。

この日は、住民ら36人が参加し、参加者は「スピードダウン!」「シートベルト着用」と書かれた旗を掲げながら、事故防止について運転手や歩行者に啓発を行った。

参加者の男性の一人は「この時間帯は自転車で下校する中高生らが多く危険です。自動車も自転車も気持ちに余裕を持って運転をしてほしいです」と話していた。

~太平百合が原地区で「秋の交通安全市民総ぐるみ運動」街頭啓発を実施~

~太平百合が原地区で「秋の交通安全市民総ぐるみ運動」街頭啓発を実施~

このページについてのお問い合わせ

北区市民部総務企画課地域安全担当係
電話 011-757-2403