• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(その他) > 子どもたちの個性あふれる作品展~北区役所で児童文化作品展を開催中

ここから本文です。

更新日:2018年12月3日

子どもたちの個性あふれる作品展~北区役所で児童文化作品展を開催中

12月3日~9日まで全国で展開されている「障害者週間」に合わせて、12月3日から、北区役所(北区北24条西6丁目)1階ロビーで「第38回北区児童文化作品展」が始まっている。これは、区内に在住または通学する、障がい者手帳を持つ小中学生または特別支援学級や特別支援学校

北区役所で児童文化作品展を開催中

小中学部に在籍している児童・生徒から募集した絵画や書道、工作などの作品を展示することで、障がいのある子どもたちの文化活動への参加と、障がい者福祉への理解を深めることを目的に、北区役所が毎年開催しているもの。

今回は164人の児童・生徒から作品の応募があり、運動会や登山などの思い出を描いた絵画のほか、版画や書道作品、トートバックや刺しゅうの入った布巾といった手芸作品など、団体制作の作品を含めて計143点の作品が展示され、来庁者の目を楽しませている。

来庁者の女性の一人は「どの作品も工夫されていて、一生懸命作っているのが伝わってきますね。素晴らしいですね」と話していた。北区役所で児童文化作品展を開催中

同作品展は、12月7日(午前8時45分から午後5時15分)まで開催されている。

また、3日10時からは、札幌市障害者週間記念事業実行委員会(浅香博文(あさか・ひろふみ)委員長)の関係者および区の職員が、北区役所周辺で小規模作業所で製作をしたコースターやしおりなどを配布したほか、6日には同委員会メンバーらが北区長を表敬訪問する予定となっている。

 

問い合わせ

北区保健福祉部保健福祉課福祉支援一係

電話011-757-2464