• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(その他) > いくつになっても生き生きと~北区高齢者教室「北親大学」が開講

ここから本文です。

更新日:2018年5月21日

いくつになっても生き生きと~北区高齢者教室「北親大学」が開講

 

5月17日午前10時から、北区民センター(北区北25条西6丁目)で、北区高齢者教室「北親大学(村山英彦(むらやま・ひでひこ北区高齢者教室「北親大学」が開講)学長)」の開講式が行われた。同大学は、区内に居住する65歳以上の方を対象に、学習や仲間づくりを通して、生きがいのある生活を過ごしてもらおうと、北区役所が昭和49年から毎年開講している。今回の受講生は第45期生となる。

この日(17日)は、区内各地域から抽選で選ばれた65歳から83歳までの受講生38人が出席。開講にあたり、村山学長は「受講生同士で、積極的に声を掛け合いながら、切磋琢磨し、実りある楽しい時間を過ごしてください」とあいさつ。

その後、受講生一人一人による自己紹介が行われた。「80歳になった節目に、何かに挑戦したいと思い、今回申し込みをしました。最後まで皆勤賞で頑張りたい」「過去に申し込みをしましたが、抽選で落選しました。今回、念願がかなって入学出来ましたので精一杯頑張ります」などと、受講の動機や今後の抱負などを語った。

受講生たちは、9月20日に行われる閉講式までの約4カ月間、高齢者の食事や健康管理などについて学んだり、陶芸、体操な北区高齢者教室「北親大学」が開講どの実習を行ったりと、多様な学習内容で全18回の講習を受講する。

 

 

 

 

 

 

問い合わせ

北区市民部地域振興課地域活動担当係

電話011-757-2407