• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(その他) > 子育てに困ったらとりあえずここに~「こそだてインフォメーションぽっぴぃ★らんど」がオープン

ここから本文です。

更新日:2018年3月29日

子育てに困ったらとりあえずここに~「こそだてインフォメーションぽっぴぃ★らんど」がオープン

3月28日(水曜日)北保健センター(北区北25条西6丁目)2階にあった「子育て情報室」が「こそだてインフォメーションぽっぴぃ★らんど」に名称を変更し、同「こそだてインフォメーションぽっぴぃ★らんど」がオープンセンター1階にリニューアルオープンした。

「こそだてインフォメーション」とは、各区に設置している「子育て情報室」をリニューアルし、子育てに関するさまざまな悩みや困りごとを一元的に相談できる窓口として、平成30年3月から4月にかけて各区に順次オープンするもの。常駐する保育士が子育てに関する困り事を聞き、相談者それぞれの悩みに応じた制度や窓口を案内するほか、子育てに関する本や絵本の貸し出し、子育てサークルの情報提供、手作りおもちゃの見本の展示なども行う。また、相談中や情報を閲覧している間に子どもが飽きてしまわないよう、靴を脱いで絵本を読んだり、おもちゃで遊んだりできる「子どもスペース」を常設し、安心して親子で利用できるようになっている。

この日(28日)午前9時45分から行われたオープニングセレモニーでは、司会者の「ぽっぴぃ★らんどのオープンです。どうぞ!」という掛け声に合わせてテープカットが行われ、続いて、同らんどのオープンにあたり、絵本やおもちゃを多数寄贈した株式会社エヌ・ティ・ティ・データ北海道(「こそだてインフォメーションぽっぴぃ★らんど」がオープン逵本秀久(つじもとひでひさ)代表取締役社長)へ感謝状の贈呈が行われた。その後、北区健康まちづくりキャラクター「ぽっぴぃ」が登場し、来場者に同らんどの利用を呼び掛け、会場を盛り上げたほか、アコーディオンの演奏やけん玉のパフォーマンスが披露された。セレモニー終了後は、乳幼児健診などで同センターを訪れていた親子連れが同らんどを早速利用。利用者の一人は「乳幼児健診の待ち時間に子どもを遊ばせたり、子育て情報を閲覧したりできていいですね。温かみのある部屋で入りやすい雰囲気なので、気軽に立ち寄ってみたいと思います」と話していた。

こそだてインフォメーションぽっぴぃ★らんどの利用は、月曜日から金曜日、午前8時45分から午後5時15分まで(祝日、年末年始を除く)。

問い合わせ

北区健康・子ども課子育て支援担当係
電話011-757-2566