• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(その他) > 下水道の世界を学んで~札幌市下水道科学館がリニューアルオープン

ここから本文です。

更新日:2018年3月19日

下水道の世界を学んで~札幌市下水道科学館がリニューアルオープン

3月17日(土曜日)午前10時から、札幌市下水道科学館(北区麻生町8丁目)のリニューアルオープン記念式典が行われた。同館は、下水道の仕組みや役割などを楽しく学べる施設として平成9年に開館。今回、これまでの「見る・読む」タイプの展示から、コンピューターグラフィックス(CG)を活用した「体験札幌市下水道科学館がリニューアルオープン型」の展示に一新。展示物を一新したのは開館以来、今回が初めて。

この日(17日)行われた式典では、秋元克広(あきもとかつひろ)札幌市長やミス日本「水の天使」浦底里沙(うらそこりさ)さん、麻生児童会館を利用している子どもたちなど、約70人が出席。秋元市長は「リニューアルした下水道科学館に、ぜひ多くの皆さまにお越しいただき、市民生活に欠かすことができない下水道の大切さを知ってもらいたい」などとあいさつした。

式典修了後は内覧会が行われ、参加者らは、下水処理の工程をゲーム感覚で学べるシミュレーション、点検を行うカメラ車の運転体験、下水が家庭から水再生プラザに届くまでの道のりを紹介する札幌のまちの模型などを見て回った。参加した小学生女子児童の一人は「間違い探しゲームで楽しく勉強できました。下水道の仕組みに興味が出ました」と笑顔で話していた。札幌市下水道科学館がリニューアルオープン

開館日は火曜から日曜、開館時間は午前9時半~午後5時、入館無料。

問い合わせ

札幌市下水道河川局経営企画部経営企画課
電話011-818-3452