• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(篠路地区) > 子どもたちに褒められる喜びを~篠路地区善行表彰式が行われる

ここから本文です。

更新日:2019年3月6日

子どもたちに褒められる喜びを~篠路地区善行表彰式が行われる

3月3日午前10時から、篠路コミュニティセンター(北区篠路3条8丁目)で、「平成30年度篠路地区善行表彰式」が行われた。これは、篠路地区善行表彰式が行われるボランティア活動などに取り組む子どもたちを地域全体で見守り褒めることで、子どもたちに褒められる喜びを知ってもらい、長所を伸ばしていこうと、篠路地区コミュニティネットワーク会議青少年部会(清水和夫(しみず・かずお)部会長)が主催しているもの。今回で17回目の開催。

この日(3日)は、表彰を受ける子どもたちのほか、保護者や学校関係者、地域住民など約120人が参加。

表彰に先立ち、篠路西児童会館の岡田由美枝(おかだ・ゆみえ)館長が「30年間の感謝をこめて」と題し講演。同会館は昨年、オープンから30周年を迎えた。30年前と現在では児童会館の役割や目的が変化したこと、30周年記念イベントの様子などが話され、子どもたちや保護者らは真剣な表情で耳を傾けていた。

続いて、表彰式が行われ、学校長の推薦を受け選ばれたグループなどに、同会議の伊藤英夫(いとう・ひでお)会長から表彰状と篠路地区善行表彰式が行われる記念品が贈られた。善行の内容は、ボランティア活動、日頃のあいさつ運動、ペットボトルキャップやリングプルの回収活動などさまざま。

表彰された女子児童の一人は「朝早く登校してあいさつ運動をしました。あいさつが全校児童に広まったことを実感できた瞬間が一番うれしかったです。これからは地域の方にもあいさつします!」と笑顔で話していた。

 

 

問い合わせ

篠路出張所(篠路まちづくりセンター)
電話011-771-2231