• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(篠路地区) > 豊かな自然を守り育む~「篠路川クリーンアップ作戦」が実施される

ここから本文です。

更新日:2018年7月27日

豊かな自然を守り育む~「篠路川クリーンアップ作戦」が実施される

7月27日午前10時から、篠路川に架かる篠路橋から下茨戸橋(ともに北区篠路町篠路)までの両岸で「篠路川クリーンアップ作戦」が行われた。これは、平成5年に開催された「石狩川サミット」で、毎年8月7日を「石狩川の日」と定め、同日まで展開している「石狩川クリーンアップ作戦」の一環と「篠路川クリーンアップ作戦」が実施されるして行われているもの。札幌市が主催し、今回で23回目を迎えた。

この日(27日)は、東茨戸北町内会(梅内敏光(うめうちとしみつ)会長)と茨戸中央町内会(今井直樹(いまいなおき)会長)の地域住民や市職員など約40人が参加。晴天の強い日差しの下、上流側と下流側に分かれて清掃作業を開始。参加者たちは、火ばさみとごみ袋を手に散策路を歩きながら、約1時間かけてごみを拾った。また、散策路脇に設けられているハナショウブ園の草刈り作業も同時に行った。

参加した男性の一人は「地域と行政で協力をしながら、大切な自然を守り、育んでいきたい」と力強く話していた。

 

「篠路川クリーンアップ作戦」が実施される

 

 

 

 

問い合わせ

札幌市下水道河川局事業推進部河川管理課
電話011-818-3415