• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 地区ニュース(新琴似西地区) > お得な情報いっぱい~新琴似西地区で「とくとく教室」が行われる

ここから本文です。

更新日:2019年3月11日

お得な情報いっぱい~新琴似西地区で「とくとく教室」が行われる

3月8日午後1時30分から、新琴似三和福祉会館(北区新琴似7条14丁目)で「とくとく教室」が行われた。これは、生活に役立つ情報新琴似西地区で「とくとく教室」が行われるを「得(とく)」として地域住民で学び合うことを目的に、新琴似西連合町内会(高橋博章(たかはし・ひろあき)会長)と新琴似西地区福祉のまち推進センター(加藤脩(かとう・おさむ)委員長)が開催しているもの。

この日(8日)は、地域住民ら約50人が参加。まず初めに、体力測定が行われ、身長・体重・血圧の計測をはじめ、開眼片足立ちや長座体前屈など計9種目を実施。参加者らは測定結果に基づき、スタッフから健康へのアドバイスなどを受けていた。

その後、地域住民有志によるボランティア「とくとくサポーター」が考案した「心と身体と脳のとくとく体操」が行われ、参加者らは簡単にできるストレッチなどに取り組んだ。

最後に、「介護老人保健施設セージュ新ことに」の渡辺智子(わたなべ・さとこ)さん、貝沼充祐(かいぬま・みつよし)さんの二人新琴似西地区で「とくとく教室」が行われるを講師に、ロコモティブシンドロームの予防に関する講義などが行われ、約2時間の教室を終えた。

参加者の女性の一人は「町内会の方に誘われ、初めて参加しました。家から出る機会が減っていましたので、このようなイベントが近所で開催されるのはありがたいですね。また参加しますよ」と笑顔で話していた。

 

 

問い合わせ

新琴似西まちづくりセンター
電話011-762-8767