• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > 地区ニュース > 地区ニュース(新琴似地区) > 災害から身を守るために~新琴似中学校で避難場所運営研修会が開催される~

ここから本文です。

更新日:2021年10月22日

災害から身を守るために~新琴似中学校で避難場所運営研修会が開催される~

~新琴似中学校で避難場所運営研修会が開催される~

10月21日午前9時30分から、新琴似中学校(北区新琴似7条4丁目、小笠原健司(おがさわら・けんじ)校長)で、避難場所運営研修が行われた。これは、災害が発生したときに避難場所となる小中学校で、避難場所開設時の初動対応の確認などを行い、地域防災力の向上を目的に実施されたもの。

この日は、同校の学校職員や北区役所職員、隣接する町内会役員など約20人が参加。まず初めに、札幌総合情報センター株式会社の講師から、札幌市の防災体制や感染症対策を取り入れた避難所運営などについて説明。その後、受水槽や備蓄物資などの学校施設の確認、防災行政無線の取扱い方法の説明などを受けた。参加者は講師の話に熱心に聞き入り、積極的に質問する場面もあった。

最後に、避難所運営ゲーム(HUG)を実施。参加者は、「このように対応したら良いのではないか」「この場面では一定の制限を設けるべきだ」などと意見交換をしながら、避難場所で想定されるさまざまな状況について話し合った。

~新琴似中学校で避難場所運営研修会が開催される~

~新琴似中学校で避難場所運営研修会が開催される~

このページについてのお問い合わせ

北区市民部総務企画課地域安全担当係
電話011-757-2403