• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > 地区ニュース > 地区ニュース(太平・百合が原地区) > SDGsの実現に向けて、フードドライブを実施~太平百合が原地区会館で「フードドライブ」実施中

ここから本文です。

更新日:2021年3月11日

SDGsの実現に向けて、フードドライブを実施~太平百合が原地区会館で「フードドライブ」実施中

太平百合が原地区会館で「フードドライブ」実施中

3月10日から、太平百合が原地区会館(北区太平8条7丁目)で「フードドライブ」が実施されている。「フードドライブ」とは、家庭などで廃棄される「まだ食べられる食品」を集め、必要な場所に届ける活動。太平百合が原まちづくりセンター(横井寿郎(よこい・としろう)所長)の主催で行われている。

また、この日(10日)は14時から同会館で、NPO法人フードバンクイコロさっぽろ代表の片岡有喜子(かたおか・ゆきこ)さんの講演も行われた。片岡さんは、飲食店などで勤務する中で食品廃棄に胸を痛めていた。その後、ワーキングプアや社会保険労務士補助者の経験から、生活困窮者に食品を渡すフードバンク活動に興味を持った。2018年に同法人を立ち上げ、道内のひとり親世帯、高齢単身世帯、子ども食堂などに食材を届ける活動を続けている。

講演に参加した、太平百合が原連合町内会の庵跡(あんせき)会長は「フードドライブで乾麺を持参しました。片岡さんの話を聞いて、これまで以上に困っている人の役に立ちたいと思いました」と話す。

「フードドライブ」は、同会館で19日まで行われている。集まった食材などは、片岡さんを通じて道内各地に届ける予定。

太平百合が原地区会館で「フードドライブ」実施中2

太平百合が原地区会館で「フードドライブ」実施中3

このページについてのお問い合わせ

太平百合が原まちづくりセンター
電話011-771-9180