• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 街並みに色鮮やかな花で彩りを~「スローライフ・イン・に~よん」が北24条駅周辺を花で飾る

ここから本文です。

更新日:2018年6月5日

街並みに色鮮やかな花で彩りを~「スローライフ・イン・に~よん」が北24条駅周辺を花で飾る

6月2日午前9時から、西5丁目樽川通や宮の森北24条通沿いなどの地下鉄24条駅周辺の歩道を色とりどりの花で飾ろうと、花苗が植「スローライフ・イン・に~よん」が北24条駅周辺を花で飾るえられたプランターの設置作業が行われた。

これは、北24条商店街振興組合や、幌北地区と北地区の両連合町内会などで組織する「花」と「食」をテーマにまちづくりに取り組む「スローライフ・イン・に~よん実行委員会(小泉詔信(こいずみ・あきのぶ)実行委員長)」が、花を飾ることでまちのイメージアップを図り、歩道上の違法駐輪や放置自転車をなくそうと行っているもので、今年で15回目。

この日(2日)は、地域住民や北海道大学の学生、同委員会のメンバーら約30人が参加。ベコニアやインパチェンス、サルビア、ペチュニア、マリーゴールドなど12種類以上の花苗を、約120台のプランターへ種類や色合いを考えながら手際よく植えた。その後、近隣の商店にプランター設置後の水やりの協力をお願いしながら、プランターを手分けして設置し「スローライフ・イン・に~よん」が北24条駅周辺を花で飾るた。

参加した大学生の一人は「初めての参加で設置場所が多くて大変でしたが、地域の方に優しく教えていただきました。いい運動にもなり、達成感がありました。普段何気なく花を見て、きれいだなと思っていましたが、改めて人の手が加えられていることを実感しました。今後も地域活性化のための活動に参加したいです」とすがすがしい表情で話していた。

 

問い合わせ

北まちづくりセンター
電話011-726-4385