• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > 地区ニュース > 音楽を通して世代交流~「第5回に~よん音楽祭」が開催される

ここから本文です。

更新日:2018年1月29日

音楽を通して世代交流~「第5回に~よん音楽祭」が開催される

「第5回に~よん音楽祭」が開催される

1月28日午後2時から、札幌サンプラザコンサートホール(北区北24条西5丁目)で「北24条のファミリーコンサート『第5回に~よん音楽祭』」が行われた。これは、北区北24条周辺で活躍しているアーティストの演奏や、地元の学校の吹奏楽などの音楽を通して地域や家族同士の交流を図ろうと行われたもの。地域を盛り上げようと活動する「スローライフ・イン・に~よん実行委員会(小泉詔信(こいずみあきのぶ)実行委員長)」が主催。

この日(28日)は、約200人の地域住民が来場。第1部は、地元の北24条飲食店街などを中心に活動している音楽グループ「Hiromi(ひろみ)&フォーゲッツ」「あいおん」「ココナッツファミリー」の3組が演奏を披露。日本語の耳慣れた曲をはじめ、オペラ曲、歌謡曲、ラテン音楽など、さまざまなジャンルの歌声が場内に響き渡り、来場者は手拍子を送ったり、一緒に歌を歌ったりしながら大いに盛り上がっていた。「第5回に~よん音楽祭」が開催される

第2部では、札幌新川高等学校(北区新川5条14丁目、武内達也(たけうちたつや)校長)の吹奏楽部とダンス部がそれぞれ演奏を披露。若者の迫力ある演奏に来場者は聴き入り、惜しみない拍手が送られていた。

来場者の女性の一人は「高校生の演奏を聴いていると、なんだか涙がでてきました。このイベントは、高校生から熟練のベテランまで幅広い世代が出演しているので、さまざまなジャンルの音楽を聴くことができますね」と笑顔で話していた。

問い合わせ

スローライフ・イン・に~よん実行委員会
電話011-707-3027