• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > 地区ニュース > 地区ニュース(幌北地区) > ひろがれ!ほろきたのわ!~ほろきたフェスティバルが開催される~

ここから本文です。

更新日:2021年11月29日

ひろがれ!ほろきたのわ!~ほろきたフェスティバルが開催される~

~ほろきたフェスティバルが開催される~

11月27日午前10時から、幌北児童会館(北区北17条西6丁目(田中和美(たなか・かずみ)館長)で、ほろきたフェスティバルが開催された。これは、同会館が、令和3年3月に開館30周年を迎えたことを祝いながら、地域の子どもたちにお祭りを楽しんでもらいたいという思いから開催したもの。新型コロナウイルスの影響で少なくなっていた地域住民と子どもたちの触れ合いの場となった。

初めに、田中館長から「お祭りのテーマは『ひろがれ!ほろきたのわ!』です。参加してくれたみんなとも、地域の皆さんとも、長年にわたってつながっていきたいと思います。まずは今日のイベントを楽しんで思い出にしてほしいです」とあいさつ。その後、子どもたちは「あれやりたい!」「おもしろそう!」などと、一斉にアトラクションに走っていった。

アトラクションはスーパーボールすくいやひもくじなどのお祭りの定番から、「学生と地域で考えるまちづくり会(石川昇龍(いしかわ・しょうりゅう)代表)(通称:NeoLos(ねおろす)幌北(ほろきた)」によるストラックアウトや北海道大学のボランティアサークルである「あるぼら」による進撃のワニたたきなどさまざまで、どれも大盛り上がり。同会館の職員や学生ボランティアに加え、子どもたちもスタッフとして運営に携わっていた。

参加した小学2年生の男子児童は「ストラックアウトが得意で何回もやりました。ひもくじでは景品をもらいました」と笑顔で話してくれた。

~ほろきたフェスティバルが開催される~

~ほろきたフェスティバルが開催される~

~ほろきたフェスティバルが開催される~

このページについてのお問い合わせ

【連絡先】幌北まちづくりセンター 
電話011-726-6345