• ホーム
  • 手続き・サービス
  • お知らせ
  • 北区の紹介
  • まちづくり・地域の活動
  • 施設案内

ホーム > まちづくり・地域の活動 > まちづくりセンター > 屯田まちづくりセンター > 屯田地区の明治・大正・昭和・平成の歴史に触れる~苦労の末に編纂された貴重な記念史~

ここから本文です。

更新日:2021年11月26日

屯田地区の明治・大正・昭和・平成の歴史に触れる~苦労の末に編纂された貴重な記念史~

屯田物語の誌面

屯田120年記念史。明治時代の写真も多数掲載された貴重な1冊です

明治22年に入植した屯田兵の過酷な暮らし、そして、地域一帯が水没することもたびたびであった水害被害、さらには、大正から昭和にかけて米作りが盛んでのどかな水田が広がっていた地域風景など・・・。このような屯田地区の歴史については、屯田郷土資料館を訪れるだけではなく、住民の皆さんが編纂した書物をご覧いただくことで理解がさらに深まります。

平成21年発行の屯田120年記念史「屯田物語」は、多くの貴重な写真で屯田120年の歩みを振り返り、屯田の未来を築いていくことを目的に編纂されたものです。当時、編集委員の一人として携わった田尻芳博さんは、「屯田の歩みは、苦難の開墾から現在の発展に至るまで、脈々と続く物語を感じさせます。約200ページの記念史には、明治から平成までの写真をふんだんに掲載していますので、お子さんにとってもわかりやすい内容になっています」と話してくれました。

また、平成元年発行の「屯田百年史」は、開拓の歴史や当時の人々の暮らし、大正・昭和生まれの人たちの手記や座談会の記録などが掲載されています。約800ページに及ぶ史料は活字が中心であり、屯田の歴史や地域の特色について詳しく知ることができます。

さらに、「ふるさととんでん豆本」は、平成4年から平成10年まで連合町内会機関紙に毎号掲載されていた歴史コラムを書籍化したものです。掲載内容の一例として、女性屯田兵の存在、大正時代の敬老会、昭和の陸上日本チャンピオンなど、多彩なコラムが掲載されています。

これらの史料については、屯田郷土資料館及び屯田地区センターの図書コーナーで閲覧することができますので、お気軽にご来館ください。また、屯田地区センター事務室では、史料の有償頒布も行っていますので、必要に応じてお申し出ください。

有償頒布

屯田120年記念史
屯田物語DVD付
頒布価格:6,000円
屯田百年史頒布価格:3,500円
ふるさととんでん豆本頒布価格:500円

【受付・お問い合わせ】

屯田地区センター事務室 電話:011-772-1811

月曜日~金曜日/午前8時45分~午後515

<関連記事>

屯田地区の開拓の歴史を伝える~屯田郷土資料館の運営を支える人たち~

記念史を持つ田尻さん

田尻さんは、現在、社会福祉協議会や民生委員児童委員協議会の会長として活躍

屯田百年史の誌面

屯田百年史。先人たちの手記や座談会の記録には、苦難の日々が綴られています

ふるさととんでん豆本の誌面

ふるさととんでん豆本。A5判で約80ページの史料には、1ページに1話が掲載

このページについてのお問い合わせ

札幌市北区市民部屯田まちづくりセンター

〒002-0855 札幌市北区屯田5条6丁目3-21(屯田地区センター内)

電話番号:011-772-1260

ファクス番号:011-772-1496