ホーム > 新型コロナウイルス感染症について

ここから本文です。

更新日:2022年1月27日

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症に関するトップページです。

外国人の皆さまは、こちらからご覧ください。
 【About the Coronavirus disease (COVID-19) Alert(English(英語)、中文簡体(中国語簡体字)、中文繁体(中国語繁体字)、한글(ハングル))】

 

お知らせ

  • 救急安心センターさっぽろ「#7119」のWEB版、WEB 7119 のページを公開しました
    発熱したときなど、新型コロナウイルスの感染に不安があるとき、ホームページ上でいくつかの質問に答えると、ご自身の症状に合った問い合わせ先を確認できます。
    ※電話「#7119」での問い合わせも引き続き行っています。

秋元市長からのメッセージ

動画メッセージ

テキストメッセージ

1月27日から2月20日まで「まん延防止等重点措置」の適用が決定されました。感染力の強いオミクロン株の影響で、札幌においても過去最大かつ最速の急激な感染拡大に見舞われており、医療への負荷、とりわけ外来診療への負荷が大きくなっております。何とか感染拡大を早期に抑えていくためにも、市民・事業者の皆さまには再び大変なご負担をお願いすることになりますが、ご理解・ご協力をお願い申し上げます。

各種情報は、以下の項目からご確認ください。

感染症対策本部会議における取り組みのほか、感染拡大防止に向けて取り組んでいただきたいこと、イベントの開催制限などを掲載しています。

市民の皆さまへ、支援制度(給付金等)、市有施設の休館情報、その他各種お知らせをご案内しています。

事業者の皆さまへ、支援制度などをご案内しています。

医療機関の皆さまへの情報を掲載しています。

介護保険施設・事業者の皆さまへの情報を掲載しています。

北海道芸術デザイン専門学校の協力による、若年層に向けた感染対策にかかる啓発動画の制作について掲載しています。

各種相談窓口、相談・受診の目安などを掲載しています。

PCR検査センターの概要と、軽症者のうち重症化リスクの低い方々に対する宿泊施設での療養及び自宅療養について、また、濃厚接触者になった方への情報を掲載しています。

医療体制の強化や医療従事者への支援に向けて、寄付を募集しています。また、医療、保育、介護、障がい福祉の現場で働く方々への応援メッセージも募集しています。

すすきの地区についての情報を掲載しています。

新型コロナウイルスワクチン接種についての情報を掲載しています。

 

 各種相談窓口

症状等に応じて、連絡先が異なります。発熱があり医療機関に行くときは、事前に電話してください。

※案内されるすべての医療機関で検査が可能なわけではありません。検査は医師の判断で行います。

※札幌市新型コロナウイルス感染症に係る「よくあるご質問」はこちらからご確認ください。

症状等

連絡先

発熱、咳、痰、息切れなどの呼吸器症状のある方

 

味覚や嗅覚に異常のある方など

救急安心センターさっぽろ

  • 電話:「#7119」(毎日24時間)

※英語、中国語、韓国語、タイ語、マレー語、ロシア語でも相談できます。

※ダイヤル回線・一部IP電話からは、「011-272-7119」

※午前中は電話が大変混みあうため、つながりにくい場合がございます。ご不便をおかけいたしますが、つながらない場合は、時間をあけておかけ直しいただけますようお願いいたします。

※体調が悪化し、緊急の場合は救急車を呼んでください。

発熱して医療機関を受診する際

受診先がわからない場合は上記の「救急安心センターさっぽろ」へ。
なお、受診の際は必ず医療機関に事前に電話してください

症状がない場合などの一般的な相談先

札幌市新型コロナウイルス一般電話相談窓口

電話:「0570-085-789」(ナビダイヤル)(毎日9時~21時)

  • 聴覚に障がいがある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方

※札幌市新型コロナウイルス感染症に係る「よくあるご質問」はこちらからご確認ください。

感染した方で、治療後や療養後も症状が長引く方(り患後症状(いわゆる後遺症)がある方)のお問い合わせ
  • かかりつけ医など身近な医療機関

受診先がわからない場合は上記の「救急安心センターさっぽろ」へ。
なお、受診の際は必ず医療機関に事前に電話してください

ワクチン接種に関するお問い合わせ

札幌市新型コロナウイルスワクチン接種お問い合わせセンタ

電話:「011-351-8646」

(毎日9時~18時)

その他のお問い合わせは、相談窓口についてのページをご確認ください。

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。