ホーム > 新型コロナウイルス感染症について

ここから本文です。

更新日:2021年10月15日

新型コロナウイルス感染症について

新型コロナウイルス感染症に関するトップページです。

外国人の皆さまは、こちらからご覧ください。
 【About the Coronavirus disease (COVID-19) Alert(English(英語)、中文簡体(中国語簡体字)、中文繁体(中国語繁体字)、한글(ハングル))】

秋元市長からのメッセージ

動画メッセージ

  

テキストメッセージ

札幌市に適用されていた「重点地域」が解除となり、飲食店に対する営業時間の短縮が10月14日で終了となりましたが、引き続き、10月31日までは秋の再拡大防止特別対策期間です。飲食は4人以内の少人数で黙食を実践していただくほか、混雑している場所や時間を避けて少人数で行動するなど、あらゆる場面において、感染拡大防止に向けた対策の徹底を引き続きお願いいたします。

各種情報は、以下の項目からご確認ください。

感染症対策本部会議における取り組みのほか、感染拡大防止に向けて取り組んでいただきたいこと、イベントの開催制限などを掲載しています。

市民の皆さまへ、支援制度(給付金等)、市有施設の休館情報、その他各種お知らせをご案内しています。

事業者の皆さまへ、支援制度などをご案内しています。

医療機関の皆さまへの情報を掲載しています。

介護保健施設・事業者の皆さまへの情報を掲載しています。

各種相談窓口、相談・受診の目安などを掲載しています。

PCR検査センターの概要と、軽症者のうち重症化リスクの低い方々に対する宿泊施設での療養及び自宅療養について掲載しています。

医療体制の強化や医療従事者への支援に向けて、寄付を募集しています。また、医療、保育、介護、障がい福祉の現場で働く方々への応援メッセージも募集しています。

すすきの地区についての情報を掲載しています。

新型コロナウイルスワクチン接種についての情報を掲載しています。

 各種相談窓口

症状等に応じて、連絡先が異なります。発熱があり医療機関に行くときは、事前に電話してください。

※案内されるすべての医療機関で検査が可能なわけではありません。検査は医師の判断で行います。

※札幌市新型コロナウイルス感染症に係る「よくあるご質問」はこちらからご確認ください。

症状等

連絡先

発熱、咳、痰、息切れなどの呼吸器症状のある方

 

味覚や嗅覚に異常のある方など

救急安心センターさっぽろ

電話:「#7119」

(毎日24時間)

※英語、中国語、韓国語、タイ語、マレー語、ロシア語でも相談できます。

※ダイヤル回線・一部IP電話からは、「011-272-7119」

 

※午前中は電話が大変混みあうため、つながりにくい場合がございます。ご不便をおかけいたしますが、つながらない場合は、時間をあけておかけ直しいただけますようお願いいたします。

※症状があり、救急車を呼ぶべきか判断に迷う場合などは、緊急度自己判定(セルフトリアージ)もご活用ください。

発熱して医療機関を受診する際

かかりつけ医など、身近な医療機関

受診する際は、必ず事前に電話してください。かかりつけ医、身近な医療機関がわからない場合は、上記の「救急安心センターさっぽろ」へ。

体調不良に関する不安やその他の疑問

札幌市新型コロナウイルス一般電話相談窓口

電話:「0570-085-789」(ナビダイヤル)

(毎日9時~21時)

※札幌市新型コロナウイルス感染症に係る「よくあるご質問」はこちらからご確認ください。

ワクチン接種に関するお問い合わせ

札幌市新型コロナウイルスワクチン接種お問い合わせセンタ

電話:「011-351-8646」

(毎日9時~18時)

聴覚に障がいのある方をはじめ、電話でのご相談が難しい方

その他のお問い合わせは、相談窓口についてのページをご確認ください。

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。