ホーム > 新型コロナウイルス感染症について > 生活支援ガイド > 生活支援ガイド(2-1.住まいに関する支援)

ここから本文です。

更新日:2022年12月1日

ページの先頭へ戻る

生活支援ガイド(2-1.住まいに関する支援)

1.誤報や新型コロナウイルス感染症に便乗した消費者トラブルに関する注意事項

  誤報や新型コロナウイルス感染症に便乗した消費者トラブルに関する注意事項

 2.生活支援制度一覧

 2-1.住まいに関する支援

項目 対象者 概要 お問合せ先
【2-1-1】

生活福祉資金特例貸付

【2-3-1】をご確認ください。

【2-1-2】

札幌市ホームレス相談支援センター(ジョイン)

居宅を失った方、または、失うおそれのある方

ジョインでは、住まいを失った方が一時的に入所するための施設を運営しています。利用者の抱えるさまざまな課題に共に向き合い、行き場を失った方が自立していくために必要な支援を行います。

所在地:北区北23条西7丁目1-38 プラザ23おおうら103号室

地下鉄南北線北24条駅 4番出口 徒歩5分

相談受付時間:10時00分~18時00分(土・日・祝、年末年始(12月29日~1月3日)を除く)

電話:0120-887-860

札幌市ホームレス相談支援センター(ジョイン)

電話:0120-887-860

【2-1-3】

住居確保給付金

離職等により経済的に困窮し、住宅を喪失されている方、または、失うおそれのある方

生計を維持するために懸命に求職活動を行っている方に対して、一定期間、家賃相当額(上限あり)を支給するとともに、札幌市生活就労支援センター(ステップ)の支援員が就労に向けた支援を行います。
※支給には収入や資産、就職活動、ステップの支援を受けることなどの要件があります。
※持ち家は対象外となります。
■支給対象者
 下記(1)~(8)のいずれにも該当する方が対象です。

(1) 離職等により経済的に困窮し、住居を喪失している方、または入居している賃貸住宅を喪失するおそれのある方

(2) 申請日において、離職・廃業してから2年以内、またはやむを得ない休業等により収入が減少し、離職・廃業と同程度の状況にある方

 (3) 離職等の日において、自らの労働により賃金を得て、世帯の

 生計を主として維持していた方

(4) 申請月における申請者および世帯員の収入の合計額が、以下の金額であること

単身世帯:8.4万円+家賃額(上限額3.6万円)

2人世帯:13.0万円+家賃額(上限額4.3万円)

3人世帯:17.2万円+家賃額(上限額4.6万円)

 (5) 世帯の全ての預貯金の合計が次の金額以下であること 

単身世帯:50.4万円

2人世帯:78万円

3人世帯:100万円

 (6) 誠実かつ熱心に求職活動を行う方

(7) 申請者および世帯員が、国で実施している住居確保・雇用施策による貸付または給付(職業訓練受講給付金など)や生活保護を受けていないこと

※ただし、令和5年3月31日(金曜日)までに住居確保給付金を申請した方については、職業訓練受講給付金との併給が可能です。

 (8) 申請者および世帯員のいずれもが暴力団員でないこと

※(4)、(5)について、4人以上の世帯の場合は個別にお問い合わせ

ください。

※住居確保給付金を受給したことがある方でも、上記(1)~(8)のいずれにも該当する場合、申請を令和5年3月31日(金曜日)までにすることで再支給を受けられます。なお、解雇など雇用主の都合により離職した方は、令和5年4月1日(土曜日)以降も申請できます。

札幌市生活就労支援センター(ステップ)

電話 011-221-1766 

9時00分~17時00分

土・日・祝・年末年始(12月29日~1月3日)を除く

【2-1-4】

市営住宅の提供

解雇により社員寮等から退去された方

新型コロナウイルス感染拡大に伴う解雇により社員寮等から退去された方に対する支援の一環として、市営住宅を提供します。
【関連ホームページ】

都市局市街地整備部住宅課
電話 011-211-2806

8時45分~17時15分
土・日・祝・年末年始(12月29日~1月3日)を除く

【2-1-5】

母子生活支援施設の入所について

18歳未満の児童を扶養する母子世帯、または、これに準ずる事情にある世帯

生活や育児等にお困りの母子世帯を支援するための入所施設として、市内5か所(定員各20世帯)の母子生活支援施設があります。
各施設には母子室(世帯ごとの独立した空間)、集会室、学習室等を備えています。また、母子支援員、少年指導員、保育士等が、入所者の自立を支援します。

入所をご希望の方は、右記までご相談ください。

各区保健センター(健康・子ども課)

中央区011-205-3354

北区  011-757-2564

東区  011-711-3215

白石区011-861-0336

厚別区011-895-2512

豊平区011-822-2473

清田区011-889-2051

南区  011-522-5785

西区  011-621-4242

手稲区011-688-8597

【2-1-6】

ひとり親家庭住宅支援資金貸付金

自立、就労を目指すひとり親の方

札幌市ひとり親家庭支援センターで実施している「母子・父子自立支援プログラム」の策定を受け、自立に向けて意欲的に取り組むひとり親家庭の親に対し、償還免除付きの家賃相当の貸付けを行います。

【関連ホームページ】

ひとり親家庭住宅支援資金貸付金(さっぽろ子育て情報サイト)

札幌市母子寡婦福祉連合会

電話011-631-3270

 

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市危機管理局危機管理部危機管理課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎7階

電話番号:011-211-3062

ファクス番号:011-218-5115