ホーム > 新型コロナウイルス感染症について > 生活支援ガイド > 生活支援ガイド(2-3.経済的な支援)

ここから本文です。

更新日:2023年1月1日

生活支援ガイド(2-3.経済的な支援)

1.誤報や新型コロナウイルス感染症に便乗した消費者トラブルに関する注意事項

 誤報や新型コロナウイルス感染症に便乗した消費者トラブルに関する注意事項

2.生活支援制度一覧

 2-3.経済的な支援

【2-3-12】
新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(初回)

項目 対象者 概要 お問合せ先

【2-3-1】

生活福祉資金特例貸付

生活資金にお困りの方
  • 緊急小口資金

緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、少額の費用の貸付を行います。

 

  • 総合支援資金

失業された方に生活再建までの一定期間(3か月)の生活費用の貸付を行います。

利用にあたっては、関係機関との連携など、別途要件があります。

※なお、世帯状況によっては貸付対象とならない場合があります。

緊急小口資金のお申し込み先
お住まいの区の社会福祉協議会
中央区011-281-6113
北区    011-757-2482
東区    011-741-6440
白石区011-861-3700
厚別区011-895-2483
豊平区011-815-2940
清田区011-889-2491
南区    011-582-2415
西区    011-641-6996
手稲区011-681-2644
総合支援資金のお申し込み先
札幌市社会福祉協議会
電話011-614-0169

制度全般に関するお問い合わせ先
個人向け緊急小口資金・総合支援金相談コールセンター
電話0120-46-1999

【2-3-2】

生活保護

生活に困っている方

国が生活に困っている方に最低限度の生活を保障し、自分で自分の生活を支えられるよう援助するための制度です。国民のだれもが申請することができ、一定の条件のもとでうけることができます。
【関連ホームページ】
 生活保護制度(札幌市ホームページ)

各区保護課

中央区011-205-3274

北区    011-757-2517

東区    011-741-2479

白石区011-861-2466

厚別区011-895-2549

豊平区011-822-2489

清田区011-889-2488

南区    011-582-4765

西区    011-641-6964

手稲区011-681-2549

【2-3-3】

特別児童扶養手当および心身障害者扶養共済制度に係る手続きの郵送受付

区役所に来庁することが困難な方

特別児童扶養手当および心身障害者扶養共済制度の請求・届出については、通常、窓口での手続きとさせていただいていますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、事前に右記までご連絡の上、可能な限り郵送によるお手続きへのご協力をお願いいたします。
なお、個々の状況により必要な書類が異なります。 

各区保健福祉課福祉助成

中央区011-205-3302

北区    011-757-2462

東区    011-741-2461

白石区011-861-2446

厚別区011-895-2474

豊平区011-822-2453

清田区011-889-2037

南区    011-582-4741

西区    011-641-6943

手稲区011-681-2487

【2-3-4】

特別障害者手当、障害児福祉手当および経過的福祉手当に係る手続きの郵送受付

区役所に来庁することが困難な方

特別障害者手当、障害児福祉手当および経過的福祉手当の請求・届出については、通常、窓口での手続きとさせていただいていますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、事前に右記までご連絡の上、可能な限り郵送によるお手続きへのご協力をお願いいたします。
なお、個々の状況により必要な書類が異なります。

【関連ホームページ】

各区保健福祉課福祉支援係

中央区011-205-3304

北区  011-757-2464

東区  011-741-2463

白石区011-861-2449

厚別区011-895-2481

豊平区011-822-2459

清田区011-889-2041

南区  011-582-4743

西区  011-641-6945

手稲区011-681-2492

【2-3-5】

児童手当・児童扶養手当・災害遺児手当に係る手続きの郵送受付

区役所に来庁することが困難な方

児童手当、児童扶養手当および災害遺児手当の請求・届出については、通常、窓口での手続きとさせていただいていますが、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、事前に右記までご連絡の上、可能な限り郵送によるお手続きへのご協力をお願いいたします。
なお、個々の状況により必要な書類が異なります。

【関連ホームページ】

各区保健福祉部保健福祉課

中央区011-205-3302

北区  011-757-2462

東区  011-741-2461

白石区011-861-2446

厚別区011-895-2474

豊平区011-822-2453

清田区011-889-2037

南区  011-582-4741

西区  011-641-6943

手稲区011-681-2487

【2-3-6】
就学援助

小中学生がいる、経済的に就学が困難な世帯

失業や事業の廃止により、申請時点で無職の方については、収入(所得)を0円とみなし審査を行うことが出来ます。
【関連ホームページ】

教育委員会学校教育部教育推進課

電話011-211-3851

【2-3-7】

助産施設の入所について

妊産婦

保健上必要があるにもかかわらず、経済的理由により入院助産を受けることができない妊産婦の方が入所し、助産を受けることができる施設として、市内に5か所の助産施設があります。

【関連ホームページ】

各区保健センター(健康・子ども課)

中央区011-205-3354

北区  011-757-2563

東区  011-711-3214

白石区011-861-0336

厚別区011-895-2499

豊平区011-822-2473

清田区011-889-2051

南区  011-522-5780

西区  011-621-4242

手稲区011-688-8597

【2-3-8】

国民健康保険・後期高齢者医療制度の傷病手当金について

国民健康保険、または、後期高齢者医療制度の被保険者(給与等の支払いを受けている方)

新型コロナウイルス感染症に感染または発熱やせきなどの症状があり感染が疑われるため仕事を休み、事業主から給与の全部または一部を受け取ることができない場合に傷病手当金が支給される場合があります。

申請には事業主の証明が必要となります。

各区保険年金課給付係(厚別区・清田区・手稲区は保険係)

中央区011-205-3341

北区  011-757-2491

東区  011-741-2529

白石区011-861-2491

厚別区011-895-2594

豊平区011-822-2505

清田区011-889-2061

南区  011-582-4770

西区  011-641-6973

手稲区011-681-2568

札幌市コールセンター

電話 011-222-4894

【2-3-9】
新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(初回)
社会福祉協議会からの総合支援資金の再貸付の終了等により、さらなる貸付を利用できず生活にお困りの方

社会福祉協議会からの緊急小口資金および総合支援資金(初回)を借り終わった方などを対象に、就労による自立を図るため、また、それが困難な場合には生活保護の受給につなげるため、一定の要件のもとで、新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金を支給します。

  • 対象者

下記1~5の要件全てに該当する方が対象です。

※生活保護または職業訓練受講給付金を受給中の方は対象となりません。

※支給が決定された場合は、その後の3か月間、求職活動に関する報告が必要です。また、常用就職(期間の定めのない労働契約または期間の定めが6か月以上の労働契約による就職)をした場合も報告が必要です。

(1)  総合支援資金の再貸付終了等

     次のA~Fのいずれかに該当する。

  1. 総合支援資金(再貸付)を借り終わった。
  2. 総合支援資金(再貸付)が借入最終月である。
  3. 総合支援資金(再貸付)を申請したが不承認となった。
  4. 総合支援資金(再貸付)の申請のために必要な、自立相談支援機関による支援決定を受けることができず、総合支援資金(再貸付)の申請をできなかった。
  5. 緊急小口資金および総合支援資金(初回)をいずれも借り終わった(ただし、上記A~Dを除く)
  6. 緊急小口資金および総合支援資金(初回) をいずれも借りており、借入最終月である(ただし、上記A~Dを除く)

(2)  生計維持

申請を行った月において、その属する世帯の生計を主として維持している。

(3)  収入

  下表の収入要件を満たす。(申請を行った月における申請者および世帯員の収入の合計額)

(4)  資産

下表の資産要件を満たす。

(申請日における申請者および世帯員の預貯金(現金を含む)の合計額)

 世帯人数 収入要件   資産要件
 1人世帯  120,000円以下  504,000円以下
 2人世帯  173,000円以下  780,000円以下 
 3人世帯  218,000円以下   100万円以下 
 4人世帯  260,000円以下
 5人世帯   301,000円以下
 6人世帯  347,000円以下 
 7人世帯  380,000円以下

  8人以上の世帯については別途お問い合わせください

(5)  求職活動等

次のアまたはイのいずれかに該当する。

ア 公共職業安定所、厚生労働大臣通知に基づき特定地方公共団体または地方公共団体が委託を行う無料職業紹介事業者に求職の申込みをし、期間の定めのない労働契約または期間の定めが6か月以上の労働契約による就職を目指し、以下に掲げる求職活動を誠実かつ熱心に行うこと。

  1. 月1回以上、自立相談支援機関の面接等の支援を受ける

  2. 月1回以上、公共職業安定所または地方公共団体が設ける公的な無料職業紹介の窓口で職業相談等を受ける

  3. 原則週1回以上、求人先へ応募を行うまたは求人先の面接を受ける

イ 生活保護を申請し、当該申請に係る処分が行われていない状態にあること。 

  • 支給額、支給期間・申請期限

(1)  支給額(1月ごとに以下の額を支給)
  1人世帯:6万円、2人世帯:8万円、3人以上世帯:10万円
(2)  支給期間
   3か月間 
(3)  申請期限
  令和4年12月31日(土曜日)(当日消印有効) 

  ※申請受付は終了いたしました
【関連ホームページ】

札幌市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金お問い合わせセンター
電話050-3850-0258
9時00分~17時00分
土・日・祝・年末年始(12月29日~1月3日)を除く
【2-3-10】
新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(再支給)
新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(初回)3か月分の受給が終了し、生活にお困りの方

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(初回)3か月の受給が終了した方について、一定の要件のもとで、自立支援金を再支給します。
対象と思われる方に対し、新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(初回)の支給後、順次申請書類一式を郵送する予定です。
新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(初回)を札幌市外で受給し、現在札幌市に住民登録があり、再支給の申請を希望する場合は、札幌市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金お問い合わせセンターまでご連絡ください。

  • 対象者

  下記(1)および(2)の要件全てに該当する方が対象です。 
(1) 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支 

  援金(初回)終了等
   次のアまたはイのいずれかに該当する。

ア 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(初回)の受給が終了した。

イ 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(初回)の最終月である。

(2) 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(初回)の対象者(2)~(5)と同じ

※生活保護または職業訓練受講給付金を受給中の方は対象となりません。

※受給が決定された場合は、その後の3か月間、 求職活動に関する報告が必要です。また、常用就職(期間の定めのない労働契約または期間の定めが6か月以上の労働契約による就職)をした場合も報告が必要です。

  • 支給額、支給期間・申請期限

(1) 支給額(1月ごとに以下の額を支給)
  1人世帯:7万円、2人世帯:9万円、3人以上世帯:11万円

※札幌市独自の上乗せ支給分1万円を含む額
(2) 支給期間
  3か月間 
(3) 申請期限
  令和4年12月31日(土曜日)(当日消印有効)

  ※申請受付は終了いたしました
【関連ホームページ】

  
札幌市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金お問い合わせセンター
電話050-3850-0258
9時00分~17時00分
土・日・祝・年末年始(12月29日~1月3日)を除く
【2-3-11】
令和4年度札幌市低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)
ひとり親世帯等の子育て世帯で収入基準の要件に該当する方 低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯分)として、児童扶養手当受給世帯等に対して給付金を支給いたします。
(1) 支給対象者
ア 令和4年4月分の児童扶養手当の支給を受けている方
イ 公的年金給付等を受給していることにより、令和4年4月分の児童扶養手当の支給が全額停止される方
ウ 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変するなど、収入が児童扶養手当を受給している方と同じ水準となっている方
エ 令和4年4月1日(金曜日)~令和5年2月28日(火曜日)に、離婚、死別などによってひとり親となり、児童扶養手当の受給資格を得た方で、ひとり親となった月以降の収入が手当の対象となる水準の方
※支給対象者「イ・ウ・エ」は、同様の状況で児童扶養手当の申請をしていない方を含みます。
(2) 支給額
児童1人あたり5万円(1回限り)
(3) 申請手続きについて

1.支給対象者「ア」に該当する方

申請不要です(令和4年6月23日(木曜日)に児童扶養手当と同じ口座に支給しています)。
 2.支給対象者「イ・ウ・エ」に該当する方
申請が必要です。手続きの詳細につきましては、ホームページに掲載しておりますので、下記のページをご確認ください。
(4) 申請受付期間
令和4年6月14日(火曜日)~令和5年2月28日(火曜日)(当日消印有効)
【関連ホームページ】
令和4年度札幌市低所得の子育て世帯生活支援特別給付金コールセンター
電話:050-3665-9810
10時00分~18時00分
土・日・祝・年末年始(12月29日~1月3日)を除く
【2-3-12】
令和4年度札幌市低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)
ひとり親世帯以外の子育て世帯で、収入基準の要件に該当する方 低所得の子育て世帯に対する子育て世帯生活支援特別給付金(ひとり親世帯以外分)として、令和4年3月末時点で18歳未満(障がいがある場合は20歳未満)の児童を養育している方に対して給付金を支給いたします。
(1) 支給対象者
<所得要件>
  1. 令和4年度分の住民税均等割が「非課税」の方
  2. 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、令和4年度分の住民税均等割が非課税である方と同様の事情にあると認められる方
<養育要件>
ア 令和4年4月分の児童手当受給者(公務員以外)※里親を含み、施設は除く。
イ 令和4年4月分の児童手当受給者(公務員)
ウ 令和4年4月分の特別児童扶養手当受給者
エ 新規児童手当受給者(公務員以外)
※令和4年5月~令和5年3月のいずれかの月の分の児童手当について、新規または増額の申請を行い、認定を受けた方(里親を含み、施設は除く。)
オ 新規児童手当受給者(公務員)
※令和4年5月~令和5年3月のいずれかの月の分の児童手当について、新規または増額の申請を行い、認定を受けた方
カ 新規特別児童扶養手当受給者
※令和4年5月から令和5年3月までのいずれかの月の分の特別児童扶養手当について、新規または増額の申請を行い、認定を受けた方
キ その他の対象児童の養育者
※上記ア~カには該当しないが、令和4年3月31日(木曜日)時点で、その他の対象児童(生年月日が平成16年4月2日~平成19年4月1日の児童)を養育している方 
(2) 支給額
児童1人あたり5万円(1回限り)
(3) 申請手続きについて
1.<所得要件>の「1」に該当し、<養育要件>の「ア・ウ・エ・カ」に該当する方
申請不要です。
2.<所得要件>の「1」に該当し、<養育要件>の「イ・オ・キ」のいずれかに該当する方
申請が必要です。
3.<所得要件>の2に該当し、<養育要件>の「ア~キ」のいずれかに該当する方
申請が必要です。
※手続きの詳細や支給時期につきましては、ホームページに掲載しておりますので、下記のページをご確認ください。
(4) 申請受付期間
令和4年6月21日(火曜日)~令和5年2月28日(火曜日)(消印有効)
【関連ホームページ】
令和4年度札幌市低所得の子育て世帯生活支援特別給付金コールセンター
電話:050-3665-9810
10時00分~18時00分
土・日・祝・年末年始(12月29日~1月3日)を除く
【2-3-13】
令和4年度札幌市子育て世帯への臨時特別給付金
平成16年4月2日以降生まれの児童(一定の障がいがある児童は20歳未満)を養育する世帯 子育て世帯への臨時特別給付金として、令和4年3月末時点で18歳未満(一定の障がいがある場合は20歳未満)の児童を養育している方に対して給付金を支給いたします。
(1) 支給対象者
ア 令和4年4月分の札幌市からの児童手当受給者(公務員を除く)
イ 令和4年4月分の札幌市からの児童扶養手当受給者で、平成14年4月2日~平成19年4月1日生まれの児童のみを養育している方
ウ 令和4年4月分の札幌市からの特別児童扶養手当受給者で、平成14年4月2日~平成19年4月1日生まれの児童のみを養育している方
エ 札幌市にて令和4年4月1日~令和5年2月28日生まれの児童を養育している方で、令和4年12月中旬まで(具体的な時期は決定次第ホームページに掲載)に児童手当の申請をした方(公務員を除く)
オ 令和4年4月分の児童手当を札幌市において受給している方(公務員)
カ 令和4年3月31日(以下、「基準日」という)時点で札幌市にて平成16年4月2日~平成19年4月1日生まれの高校生等(以下、「高校生等」という)の児童を養育している方
キ 基準日時点で、札幌市にて児童扶養手当法施行令第1条第1項で定める程度の障がいを有する20歳未満の児童(ウに該当する方を除く)、ならびに申請日において令和4年4月1日以降に同程度の障がい※を有することになった20歳未満の児童を養育する方
※特別児童扶養手当の対象に認定されている方、児童扶養手当を児童が20歳まで受給延長する認定を受けている方、身体障がい者手帳1~3級もしくは療育手帳(A判定)を有している方等
ク 札幌市にて令和4年4月1日~令和5年2月28日生まれの児童を養育している方(エに該当する方を除く)または当該児童が委託されている里親(エに該当する方を除く)若しくは当該児童が入所若しくは入院をしている障害児入所施設等の設置者
ケ 基準日時点で、札幌市にて高校生等(キに該当する方を含む)が委託されている里親若しくは当該児童が入所若しくは入院をしている障害児入所施設等の設置者
コ 令和4年4月1日~令和5年2月28日に札幌市に転入し、平成16年4月2日~令和5年2月28日生まれの児童(申請日時点でキに該当する方を含む)を養育する方または当該児童が委託されている里親ならびに当該児童が入所若しくは入院をしている障害児入所施設等の設置者(ただし、本市以外で北海道子育て世帯への臨時特別給付金の支給対象となった方は除く)
サ 令和4年4月分の児童手当等の受給者でなかったものの、離婚等により、それ以降に児童手当の受給者となった方
シ 離婚等により、給付金の申請時点で本市において高校生等を養育している方のうち、これまで本給付金を受給していない方
(2) 支給額
児童1人あたり1万円(1回限り)
(3) 申請手続きについて

1.支給対象者「ア・イ・ウ・エ」に該当する方

申請不要です。

2.支給対象者「オ・カ・キ・ク・ケ・コ・サ・シ」に該当する方

申請が必要です。手続きの詳細につきましては、ホームページに掲載しておりますので、下記のページをご確認ください。
(4) 申請受付期限
令和5年2月28日(火曜日)(当日消印有効)
【関連ホームページ】
令和4年度札幌市子育て世帯への臨時特別給付金コールセンター
電話:050-3665-7660
10時00分~18時00分
土・日・祝・年末年始(12月29日~1月3日)を除く

 

ページの先頭へ戻る

このページについてのお問い合わせ

札幌市危機管理局危機管理部危機管理課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎7階

電話番号:011-211-3062

ファクス番号:011-218-5115