ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 総合計画 > 札幌市まちづくり戦略ビジョン > 市民参加事業 > 札幌の魅力と課題に関するアンケート調査

ここから本文です。

更新日:2011年12月6日

札幌の魅力と課題に関するアンケート調査

「札幌市まちづくり戦略ビジョン」策定の一環として、主に「札幌の魅力」と「札幌の課題」について、「札幌市民」及び「道外在住の札幌居住経験者」の評価・意見を得ることを目的とし、アンケート調査を実施しました。

1. 調査の概要

調査年月

平成23年6月に実施

調査対象

札幌市民アンケート調査(郵送)

● 無作為抽出による18歳以上の男女10,000名

● 回答数:2,723名

道外の札幌居住経験者アンケート調査 (インターネット調査)

● 道外在住の札幌居住経験のある16歳以上の男女1,515名(予備調査サンプル数55,432名)

● 回答数:1,087名

調査項目

● 「札幌の魅力」については、下記10分類を設定し、分類ごとに5つの評価項目(詳細項目)を設け、それぞれの重要度を5段階で聞いた。

1. 自然 2. 環境 3. 景観 4. 歴史 5. 文化
6. 安心 7. 地域 8. 経済 9. 交流 10. 都市機能

● 「札幌の課題」についても同様に10分類を設定し、分類ごとに5つの取組項目(詳細項目)を設け、それぞれの重要度を5段階で聞いた。 

1. 少子高齢化 2. 市民自治 3. 保健・医療・福祉 4. 経済・雇用 5. グローバル化
6. 地球環境問題 7. 都市機能 8. 文化・スポーツ 9. 防災 10. 北海道活性化

● そのほか「札幌のイメージ(良いところ)」「理想の札幌(キーワードなど)」について自由記述式の設問を設け調査した。

アンケート調査票はこちら(PDF:240KB) 

2. 札幌市民アンケート結果の概要

札幌の魅力

10分類では「自然」の魅力度が最も高かった。関連して「環境」「景観」も比較的魅力度が高かった。

miryoku

詳細項目を見ると「四季の変化」「身近にある豊かな自然」「良質な水資源」「公園・緑地などの多さ」の魅力度が高かった。

また、「災害が少ないこと」も魅力度が高い項目として挙げられた。

miryoku-1miryoku-2 miryoku-3

 反面、10分類の「経済」「地域」は魅力度が低かった。

「経済」では「雇用・働く場」「新ビジネスを起こしやすい環境」の魅力度が低かった。

「地域」では「町内会等の地域活動」「地域のサークル・クラブ活動」「子育て・介護支援などの支え合い」の魅力度が低かった。

miryoku-4 miryoku-5

札幌の課題

 10分類では「人口減少・少子化・高齢化への対応」「震災への対応や災害に強いまちづくり」「地球環境問題への対応」が特に重要だと認識されている。

kadai

 

詳細項目では「安心して子どもを生み育てることのできる環境づくり」が最も課題として認識されるなど、比較的「少子」が課題とされている。

また、「医療等の緊急支援機能の確保」「道内の地域医療・救急医療の支援」「自然・未利用エネルギーの活用」も課題として認識されている。

kadai-1 kadai-2


kadai-6 kadai-3

魅力×課題

「魅力」10分類の「経済」「地域」はともに魅力度が低く、しかも「経済・雇用対策」「地域コミュニティの強化・市民自治の推進」ともに、他の課題と比べて重要度が低かった。 

札幌のイメージ(良いところ/自由記述→頻出語上位)

順位 頻出語 代表的な回答

1位

自然/自然環境

自然、自然環境、自然が多い、豊かな自然、自然との調和

2位

食、食材の良さ、食べ物がおいしい

3位

気候 気候、気候が良い、過ごしやすい気候

4位

緑、緑が多い、緑が豊か

5位

大通/大通公園 大通、大通公園
6位 四季 四季、四季の変化、四季がはっきりしている

市民の理想の札幌(キーワード/自由記述→頻出語上位)

順位 頻出語 回答例

1位

安心

・安心安全豊かな平和な街、札幌

・一生安心して生活できる街

2位

自然/自然環境

・自然と都会の調和/融合

・自然のあふれる、笑顔の街

3位

住みやすい

過ごしやすい

・日本一住みやすい街札幌

・住みやすい町、自然豊かな町

4位

5位

子ども

高齢者

・子どもも大人も高齢者も楽しくくらせるマチ

・子どもや老人みんなが、住みよい街

・子どもと高齢者に優しい街

・子どもから老人まで、一生を快適に過ごせる街

 ● キーワードから導き出せる札幌の将来像

 「自然豊かで、子どもから高齢者まで安心して快適に暮らせるまち」 

 

道外在住者アンケート結果の概要

札幌の魅力

10分類では「自然」「景観」が特に魅力度が高い。

miryoku-6

詳細項目をみると「自然」に関しては「身近にある豊かな自然」「夏の過ごしやすさ」「良質な水資源」が特に魅力度が高かった。

「景観」については「札幌のシンボルとなるような空間や景観がある」「気持ちよく歩ける・散策を楽しめる道が整備されている」「美しいまち並みや景観が形成・保全されている」「札幌らしい印象的な建物が活用・整備されている」の魅力度が高かった。

miryoku-7 miryoku-8

反面、10分類の「地域」「経済」は魅力度が低かった。

特に「経済」に関して「食文化」「札幌ブランド」の魅力度は高かった反面、「雇用・働く場」「新ビジネスを起こせる環境」の魅力度は低かった。

「地域」については「町内会等の地域活動」「地域のサークル・クラブ活動」「子育て・介護支援などの支え合い」の魅力度が低かった。

miryoku-9 miryoku-10

 札幌の課題

10分類では「地球環境問題への対応」「少子高齢化」が特に課題と認識されている。

上記に続いて「経済・雇用」「都市機能」「防災」「保健・医療」「北海道活性化」がほぼ同程度、課題として認識されている。

kadai-4

 詳細項目を見ると「地球環境問題への対応」として「自然・未利用エネルギーの活用」「省エネルギー化」が特に挙げられているが、これらは福島第一原発事故による電力供給不足が影響していると考えられる。

kadai-5

魅力×課題

● 「魅力」10分類では「地域」(コミュニティ)の魅力度が低かった。しかも「課題」10分類の「市民自治」は、他の項目と比べても重要度が低かった。

● 「経済」については「若年層の就職支援」「札幌の強みを生かした産業の重点的な振興」が重要課題として認識されている。 

札幌のイメージ(良いところ/自由記述→頻出語上位)

順位 頻出語 代表的な回答

1位

自然/自然環境

自然、街と自然が近い、自然に囲まれている

2位

きれい/美しい 空気がきれい、街並みが美しい、緑が綺麗な街、雪が似合う、美しい

3位

おいしい 食べ物がおいしい、空気がおいしい、おいしい水道水/水

4位

食べ物がうまい、食べ物が豊富、食材の宝庫

5位

住みやすい/過ごしやすい 住みやすい、気候が過ごしやすい、梅雨・夏の季節が過ごしやすい
6位 都会 適度に都会で適度に田舎、都会だが緑地も多い

道外在住者の理想の札幌(キーワード/自由記述→頻出語上位)

順位 頻出語 回答例

1位

自然/自然環境

・自然が豊かで美しい街

・自然と街の共生

2位

住みやすい

過ごしやすい

・世界でもっとも住みやすい都市

・住みたくなる街札幌

3位

都会

・自然に一番近い都会

・都会と田舎のいいとこどり

4位

・北の都 ・北の首都

・北の玄関 ・北の楽園

5位 きれい/美しい

・美しく健やかな街

・街もココロも綺麗が自慢の街

● キーワードから導き出せる道外在住者の札幌像

 「豊かな自然と住みやすい都会が共存する『北の都市』」

 

3. 札幌市民と道外在住者の比較分析

札幌の魅力

● 10分類すべてにおいて、市民よりも道外在住者の評価が上回った。詳細項目についても、ほとんどの項目について道外在住者の評価が上回っている。

● 詳細項目で道外在住者より市民の評価が上回っているのは「四季の変化がはっきりしている」のみであった。

● 市民、道外在住者ともに認める札幌の魅力:

「自然」:身近に豊かな自然がある

「環境」:市街地に公園、緑地、樹木、水辺などが多い

 ● 道外在住だからこそ分かる札幌の魅力

「自然」:夏が冷涼で過ごしやすい

「景観」:札幌のシンボルとなるような空間や景観がある、美しいまち並みや景観が形成・保全されている など

「経済」:道産食材を活かした札幌ならではの食文化、食産業が充実している

「環境」:まちが清潔できれいに維持されている

「文化」:四季折々の札幌の風物詩を楽しめるイベントなどが多い

 ● 市民、道外在住者ともに魅力度が低いところ

「経済」:安定した生活を営むための雇用が十分確保されている、若者・高齢者・障がい者の働く場が十分確保されている など

 札幌の課題

 ● 課題の10分類すべてにおいて、市民よりも道外在住者の方がより重要だと認識している。

 ● 詳細項目でも、ほぼすべての項目において道外在住者の方がより重要性を認識している。

 ● 市民、道外在住者ともに認める重要課題

「少子高齢化」:安心して子どもを産み育てることのできる環境づくり、老後も安心して暮らしつづけることのできる環境づくり など

「北海道活性化」:道内各地の地域医療や救急医療を支援する取組

 ● 道外在住者が感じている課題

「地域環境問題」:自然エネルギー、未利用エネルギーなどの活用 など

「経済・雇用」:若年層の就職支援 など

 ● 市民、道外在住者とも他の項目と比べて重要度が低いことがら

「文化・スポーツ」:札幌らしいウインタースポーツの活性化 など

「グローバル化」:国際的な経済交流を広げる海外都市との連携の推進 など

「市民自治」:住民同士の交流やふれあいを深める場づくり など

4. 報告書ダウンロード

表紙・目次(PDF:125KB)

調査全体の概要・まとめ(PDF:1,950KB)

札幌市民アンケート調査結果(PDF:1,330KB)

道外の札幌居住経験者アンケート調査結果(PDF:1,355KB)

札幌市民-道外札幌居住経験者アンケート調査結果の比較分析(PDF:350KB)

5. 問い合わせ

 市長政策室企画課 電話 011-211-2192

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページについてのお問い合わせ

札幌市まちづくり政策局政策企画部企画課

〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌市役所本庁舎5階

電話番号:011-211-2192

ファクス番号:011-218-5109