ここから本文です。

更新日:2020年4月15日

ユネスコ主催バーチャル討論会「ResiliArt」についてのご案内(2020年4月15日開催)

 

開催案内

ユネスコ創造都市ネットワーク事務局から下記のとおり文化産業関係者を対象としたオンライン討論会の開催案内がありましたのでお知らせいたします。

なお、本ページ上の記載内容は抜粋・仮訳です。詳細は主催者ウェブサイトにてご確認ください。

企画概要

感染症の流行に伴い、世界各国で往来の制限やロックダウンが続く中で、文化部門ではアーティストと専門家へ大きな影響が及んでいます。

この状況に応えて、ユネスコはオンライン・プラットフォーム上でのバーチャル討論会(使用言語:英語)を開催します。

このディベートは、主に、文化産業に携わる方を対象として、経済発展及び社会包摂における文化創造産業の重要な役割を認識し、現在の危機を乗り越えるための新たな文化政策、支援制度を模索し、参考となる情報を集めることを目指すものです。

名称

レジリアート:危機を越えるアーティストと創造性

ResiliArt: Artists and creativity beyond crisis

開催期間

2020年4月15日(水曜日)21時00分~23時00分(日本時間)

テーマ

  • 現在のロックダウン(封鎖政策)の中で、アーティストはどのような制約に直面しているか
  • 健康危機による現在及び将来の創造的な職業への財政的な影響
  • この危機の渦中及び終息後、政府・国際機関・民間企業等はどのようなアーティスト向け支援施策を取れるか
  • 危機に適切に対応する文化政策・資金制度をどう開発するか(無料オンラインコンテンツ提供の増加・文化専門家の多くが非正規雇用であることをふまえ、特にアーティストの身分に焦点を置いて)

登壇者

  • Angélique Kidjo 歌手・作詞家、CISAC副会長、ユニセフ国際大使
  • Deeyah Khan 音楽家、ドキュメンタリー映画作家、ユネスコ親善大使
  • Jean-Michel Jarre 作曲家・演奏家、CISAC会長、ユネスコ親善大使
  • Luis Puenzo 映画監督・脚本家、プロデューサー、INCA会長
  • Nina Obuljen-Koržinek クロアチア文化大臣、ヴァイオリニスト
  • Yasmina Khadra 作家

参加方法

下記の主催者の公式オンライン・プラットフォームから、ご参加ください。

https://en.unesco.org/news/unesco-launches-resiliart-movement-midst-covid-19-pandemic

http://unesco.org/resiliart-debate

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局文化部文化振興課

〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌時計台ビル10階

電話番号:011-211-2261

ファクス番号:011-218-5157