ホーム > 教育・文化・スポーツ > 文化・芸術 > 創造都市ネットワークの活用 > 関連プロジェクト・イベント情報 > 札幌市図書・情報館で2020-2021年冬のアニメーション映像を上映

ここから本文です。

更新日:2020年11月30日

札幌市図書・情報館で2020-2021年冬のアニメーション映像を上映

札幌市図書・情報館との共催により開催する、創造都市に関する特設図書展示(2020年12月10日から2021年1月12日)及び講演会(2020年12月22日)の関連事業として、同館1階にある大型サイネージ「Sapporo Window」で以下のとおりアニメーション作品の上映を行います。

  • 上映期間:2020年12月1日から2021年2月28日までの札幌市図書・情報館開館時間中
    ※開館日・開館時間は、札幌市図書・情報館のウェブサイトからご確認ください。
    ※他の作品と組み合わせ、繰り返し再生を行っています。(この作品の常時上映ではありません。)
    ※音声は消音して上映しています。
  • 会場:札幌市図書・情報館1階(札幌市中央区北1条西1丁目 札幌市民交流プラザ内)
  • 観覧料:無料

外山光男 静かに遊ぶ1

上映作品について

映像作家外山光男によるアニメーション小作品集「静かに遊ぶ」(2016-)から、札幌在住期に制作された、北海道の冬を想起させる作品などを抜粋してご紹介します。

外山光男 静かに遊ぶ2

外山光男 Mitsuo Toyama

1982年生まれ。水彩と色鉛筆による詩的な世界観の映像制作が特徴。オリジナルの短篇アニメーションが国内外の映画祭にて上映される。2012年、nobleレーベルより作品集DVD『珈琲の晩』をリリース。これまでNHK関連のアニメーションや、ミュージックビデオ等を多く手掛けている。 mitsuo-toyama.com

外山光男 静かに遊ぶ3

本事業について

  • 主催:札幌市、札幌市図書・情報館(札幌市教育委員会)
  • 助成:令和2年度 文化庁 文化芸術創造拠点形成事業

創造都市さっぽろの取組

札幌市は、文化芸術に代表される創造性を活用し産業振興・まちづくりを進め、人材育成・集積を図ることで、まちを活性化し都市ブランド向上にもつなげる「創造都市さっぽろ」の取組を進め、新しいテクノロジーを活用する「メディアアーツ都市」としてユネスコからも認定を受けています

このページについてのお問い合わせ

札幌市市民文化局文化部文化振興課

〒060-0001 札幌市中央区北1条西2丁目 札幌時計台ビル10階

電話番号:011-211-2261

ファクス番号:011-218-5157